長谷部誠が日本代表について振り返り、今季のブンデスリーガについて熱く語る!

2010年にキャプテンに就任し、2018年のロシアW杯まで日本代表を引っ張ってきた長谷部誠。リーグでは2008年からドイツ・ブンデスリーガのチームを渡り歩き、現在はフランクフルトに在籍している。日本とドイツのサッカーを知り尽くした彼が今年9月、日本のサッカーを盛り上げる「スカパーFCプロジェクト」のアンバサダーに就任した。今の心境と、アンバサダーとなった意気込みを直撃取材!

2010年から約8年間、日本代表のキャプテンを務めてきましたが、どんな心境で代表を背負って戦っていましたか?

「大きな喜びも、誇りも、責任も感じていたし、日本代表のキャプテンという立場を通して、長谷部誠という人間が形成されていった部分もあります。本当にかけがえのない素晴らしい時間で、監督やスタッフ、チームメイト、ファンの皆さま、すべての人がいて成り立ったものだと思っています」

その経験は選手としての自分、また自分の人生に何か影響を与えていますか?

「キャプテンという立場にならなければ考えないこともありましたし、もちろん大変なこともありました。でも最終的には自分の経験として生きているし、それは誰もができる経験ではないと思います。人間形成という部分では、すごく大きなものでしたね」

視点をヨーロッパに移しましょう。今期のブンデスリーガには2部も含めて多くの日本人選手が在籍していますが、注目している選手はいますか?

「井手口陽介くんです」

労働ビザの問題もあって、イングランドの2部、スペインの2部ときて、今はブンデスリーガの2部にいますね。

「昨シーズンは大変な思いをしたと思いますが、今回ドイツでグロイター・フュルトに入りましたし、チャレンジしているなと感じます」

他の日本人選手はどうでしょうか?

「ドルトムントの香川真司と昨日話したんですけど、なかなかメンバーに入れなくて大変みたいです。でもそういう時期もあるわけですから、非常に落ち着いていたし、ここから彼がどう巻き返すかすごく楽しみにしています。ブレーメンの大迫勇也もW杯でいいプレーをしていたので、今シーズン何点取るか楽しみです」

今季所属しているフランクフルトはリーグでの成績があまり芳しくありません。ポカールでも既に敗退してしまいましたが、今の状態は長谷部選手から見てどうでしょう?

「監督が変わって、チームの中心選手も4、5人出ていってしまったので、いろんな部分で手探りの状態です。カップ戦、その前のスーパーカップ、バイエルンとの試合では負けてしまった。でもスリーバックから監督が好むフォーバックにしたら、チーム全体がよくなってきました。みんなピッチの上でしっかり戦っている。もちろんまだまだいろんな部分で上げていかなければいけませんが、そんなに悪いイメージはないですね」

新監督、アディ・ヒュッター監督の印象はいかがでしょう?

「『僕は監督だけど、監督である前にひとりの人間だし、君たちの父親でもある』と語ったり、すごく選手に近い監督だなと感じます。でも厳しくやるところは厳しくやるし、選手とのコミュニケーションもしっかり取ります。一緒にやってまだ2カ月ほどなので、すべてを理解できているわけではないですが、非常に思慮深い方だなと思います」

今シーズンのチームの目標と、個人的な目標を教えてください。

「監督も変わって選手も変わっている中で、チームとしてはまずブンデスリーガに残らなければいけない。それが1番の目標であり最低条件で、願わくばヨーロッパリーグに出られるような順位で終わりたいですね。若い選手が多いので、彼らを成長させるクラブとしての役割もありますし、その役割は自分にもあると思っています。僕自身としては、試合にまだあまり出ていないので、ここからしっかりと巻き返して、自分の価値をもう1回証明したいという思いはあります」

9月に「スカパーFCプロジェクト」が始動しました。4年後のサッカーW杯にむけて、日本人選手を視聴者とともに応援するプロジェクトで、視聴者からの動画の投稿などもあるそうです。アンバサダーに就任した意気込みを、最後にお聞かせください。

「日本でサッカーが始まって25周年、まだまだ歴史としては浅く、強豪国に追いつき追い越せという気持ちがあるなか、今だからこそサッカーを盛り上げていく必要があると思っています。アンバサダー就任にあたって、『日本のサッカーがもっと強くなってほしい』『海外サッカーが好き』というサッカーファンの皆様に、僕が何かを伝えるというよりも、ともにより深くサッカーを勉強していきたいと考えています。今回のような企画に参加することで、サッカーの見方や楽しさが変わってくると思うので、ぜひ皆様にもご参加いただきたいです。また、僕自身もアンバサダーになることで、サッカーの魅力をより深く知っていきたいと思っています」

Profile
長谷部誠(はせべまこと) 1984年静岡県生まれ。漫画「キャプテン翼」に憧れサッカーを始める。2002年に浦和レッズに加入し数々のタイトル獲得に貢献。2008年にブンデスリーガのヴォルフスブルクに移籍、その後ニュルンベルクを経て、現在はフランクフルトに所属。

文=堀慎二郎

この記事の画像

放送情報

ブンデスリーガ1部 全306試合放送!
さらにセリエAやその他欧州リーグで活躍する日本人選手所属クラブの試合を放送!

チャンネル:スカパー!サッカーセット

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!