「弾みやすい大会球への対応に苦しんだ日本代表」 岩政大樹がアジアカップ・トルクメニスタン戦を分析 pt.2【動画あり】

2019年1月9日、サッカー日本代表はAFCアジアカップ2019のグループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、先制点を奪われながらも3-2で逆転勝利。苦しみながらも初戦で勝ち点3を奪った。

試合終了直後より、スカパー!で無料生放送・LIVE配信された「スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ「日本×トルクメニスタン」徹底検証~」では、元日本代表DF岩政大樹、サッカーライターの清水英斗の両氏が、この試合を分析。1失点目も含めて大会公式ボールに日本代表がアジャストし切れていない部分があるのではと指摘した。

清水氏は、大会前の日本での代表合宿を取材した際、アジアカップの公式球が普段のリーグ戦などで使っているボールより弾みやすいと不安を述べる選手が多かったことを明かし、GK権田修一選手がロングシュートに対して片手でボールを弾こうとせず両手で取りに行ったが届かず先制点を奪われたシーンについても、「ボールが権田選手の思った以上に伸びてきたということだと思う。普段と違うボールへの対応に苦しんでいて、難しい状況の中でのプレーだったように見える」とコメント。また、チーム全体的にトラップが普段より丁寧すぎると言っていいほど気を使っているように感じたとし、公式ボールへの対応に問題を抱えているのではと指摘した。

これに対して岩政氏も、ボールへの適応に難しさがある点について同意。「確かに、相手が中央にブロックを作って狭いスペース内での質が求められた中では、ボールとの相性は大きく影響したと思う」と語る。また、自身が現役時代のアジアチャンピオンズリーグの経験も交え、普段とボールが違う大会の1戦目は非常に難しいとし、「自分の場合は足元のボールタッチはあまり関係なかったが(笑)、浮き球の軌道が読めないと点で合わせるヘディングの時に思い切ってジャンプできない。今日の吉田麻也選手も空中戦で迫力がいつもより少なく感じたが、最後までボールの軌道に迷いがあったのかもしれない」と、元選手ならではの視点で、日本代表を苦しませた公式ボールについて指摘していた。

なお、次の「スカサカ!ライブ.net」はグループステージ第2節・オマーン戦終了直後の1/13(日)深0:45から放送する。

放送・配信された動画はこちらからご視聴頂けます。

この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~

●番組内容
2019年1月に行われるアジアカップ2019。サッカー日本代表の試合直後に生放送スタート!
2018年まで現役選手として活躍してきた元日本代表DF岩政大樹、日本代表の戦いに鋭い視点で切り込むサッカーライター清水英斗の二人が、皆さんから寄せられた質問に答えながら、数分前に終わったばかりの試合を深く熱く分析します! 森保監督就任後初の公式戦で日本の選手たちはどのような戦いを見せるのか? 試合から見える収穫と課題を共に確認しましょう。
グループステ―ジの3試合はもちろん、日本が勝ち上がればノックアウトステージも放送予定です!

●放送予定
グループステージ第1節 トルクメニスタン戦:2019/1/9(水)後10:15~11:00
グループステージ第2節 オマーン戦:2019/1/13(日)深0:45~1:30
グループステージ第3節 ウズベキスタン戦:2019/1/17(木)深0:45~1:30

※日本がグループステージを勝ち上がった場合、ノックアウトステージも放送予定です。放送スケジュールは随時お知らせいたします。
※配信開始時間、配信終了時間は前後する可能があります。

●放送チャンネル
スカサカ!<無料生放送>、スカパー!オンデマンド <無料LIVE配信>
※YouTube スカサカ!「サッカー専門チャンネル」、Twitter (スカサカ!サッカー専門チャンネル(@sptv_jleague)でも無料配信いたします。

詳しくはこちら>>

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事