「決勝トーナメントになると致命傷になりかねない」岩政大樹がアジアカップ・ウズベキスタン戦を分析 pt.1【動画あり】

2019年1月17日、サッカー日本代表はAFCアジアカップ2019のグループステージ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、先制を許しながらも武藤嘉紀の同点弾と塩谷司の逆転ゴールで2-1と勝利。グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

試合終了直後より、スカパー!で無料生放送・LIVE配信された「スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~」では、元日本代表DF岩政大樹、サッカーライターの清水英斗の両氏が試合を分析。失点の前にも危険なシーンがあったことから、今後に向けて警鐘を鳴らした。

前半40分にショムロドフの先制点を許した日本。だが、その前にもショムロドフにはシュートに持ち込まれる場面があった。岩政氏は「試合の中でほとんど、ウズベキスタンに何度もやられるシーンはなかった」としながら、ショムロドフに2回やられたのは「よろしくなかった」と苦言を呈した。

清水氏も、浮くかたちとなっていたショムロドフは槙野智章と三浦弦太の2人で「2対1で処理しないといけないシーン」と語った。


岩政氏は「2対1の状況なのに、1対1を2か所やっているだけで2対1じゃない」と、槙野が突破されるまで三浦も対応にいかなかったことを指摘。試合全体では両選手も「非常に良かった」が、ショムロドフ相手の2シーンについては「課題が残った」と述べた。

清水氏がトルクメニスタンとの初戦でも、失点の前に布石となるシーンがあったことを指摘すると、岩政氏は「もう少し感じていかないと、決勝トーナメントになると、これが致命傷になりかねない」と同調。「チームの中で、そういうシーンがでてきたときに、2度目、3度目っていうのはさすがに防いでほしい」と求めた。

なお、次の「スカサカ!ライブ.net」はラウンド16・サウジアラビア戦終了直後の1/21(月)22:15から放送する。


放送・配信された動画はこちらからご視聴頂けます。





この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~

●番組内容
2019年1月に行われるアジアカップ2019。サッカー日本代表の試合直後に生放送スタート!
2018年まで現役選手として活躍してきた元日本代表DF岩政大樹、日本代表の戦いに鋭い視点で切り込むサッカーライター清水英斗の二人が、皆さんから寄せられた質問に答えながら、数分前に終わったばかりの試合を深く熱く分析します! 森保監督就任後初の公式戦で日本の選手たちはどのような戦いを見せるのか? 試合から見える収穫と課題を共に確認しましょう。
グループステ―ジの3試合はもちろん、日本が勝ち上がればノックアウトステージも放送予定です!

●放送予定
グループステージ第1節 トルクメニスタン戦:2019/1/9(水)後10:15~11:00
グループステージ第2節 オマーン戦:2019/1/13(日)深0:45~1:30
グループステージ第3節 ウズベキスタン戦:2019/1/17(木)深0:45~1:30
ラウンド16 サウジアラビア戦:2019/1/21(月)22:15〜23:00

※試合が延長戦、もしくはPK戦となった場合、開始時間を試合終了後に遅らせて放送いたします。<無料生放送/無料LIVE配信>
※配信開始時間、配信終了時間は前後する可能があります。

●放送チャンネル
スカサカ!<無料生放送>、スカパー!オンデマンド <無料LIVE配信>
※YouTube スカサカ!「サッカー専門チャンネル」、Twitter (スカサカ!サッカー専門チャンネル(@sptv_jleague)でも無料配信いたします。

詳しくはこちら>>

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事