「堂安のPKより吉田の得点を認めてほしかった」 岩政大樹がアジアカップ準々決勝・ベトナム戦を分析 pt.1【動画あり】

2019年1月24日、サッカー日本代表はAFCアジアカップ2019の準々決勝でベトナム代表と対戦し、後半57分に堂安律が自ら獲得したPKを決めて先制すると、これが決勝点となって1-0と勝利。準決勝に駒を進めた。

試合終了直後より、スカパー!で無料生放送・LIVE配信された「スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~」では、元日本代表DF岩政大樹、サッカーライターの清水英斗の両氏が試合を分析。準々決勝から導入されたビデオアシスタントレフェリー(VAR)に言及した。

日本は前半に吉田麻也がセットプレーからネットを揺らしたが、VARでボールが手に当たっていたと判定され、得点が取り消された。だが後半、一度は流された堂安に対するプレーがVARでファウルと認められ、PKが与えられている。

岩政氏は「堂安(に対するファウル)のほうが怪しくて、吉田のほうは認めてほしかった」とコメント。手に当たったことでボールのコースが変わったことは認めつつ、手を高い位置に上げていたわけではないとし、判定が覆ったことに納得できない様子をうかがわせた。

一方で、堂安が足を踏まれていたことなどから、清水氏がPKというビデオ判定が正しかったとの見解を示すと、岩政氏は「VARの意義がどうとらえられていたかが分からない」と続ける。

岩政氏は問題の場面について、当初主審がしっかり見たうえでジャッジを下したと指摘。「流れの中で、堂安も倒れながら(足が)かかっているところもあって、それも含めてたぶん判定されている。でもビデオを見てしまうと、確かに(足が)かかっているからPKにはなる」と述べた。

さらに、岩政氏は「VARってレフェリーがうまく見えなかったものをビデオで確認してもらうという意義だと思っていて、しっかり見えていて、違うと判定したにもかかわらず、後で差し戻すってなると、VARの意味なのかがちょっと分からない」と首をかしげる。

清水氏は「接触したかどうか、1か0かみたいなところはスローで見てもいいが、その程度みたいなものはリアルなスピードのまま見る」という基準があると解説。そのうえで「今までのビデオ判定の使われ方を見ていて果たしてそんな風になっているのか...」と疑問を投げかけた。

岩政氏はベトナムが「ちょっとかわいそうかな」とコメント。「(主審が)見えているところでプレーをした。接触は毎回ある。あるけれど、ファウルかどうかを見るのはレフェリーの方。それをビデオで差し戻されたらちょっと酷」との見解を示した。

なお、次の「スカサカ!ライブ.net」は準決勝(対戦相手:イラン )終了直後の1/28(月)深夜1:15から放送する。

放送・配信された動画はこちらからご視聴頂けます。

この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~

●番組内容
2019年1月に行われるアジアカップ2019。サッカー日本代表の試合直後に生放送スタート!
2018年まで現役選手として活躍してきた元日本代表DF岩政大樹、日本代表の戦いに鋭い視点で切り込むサッカーライター清水英斗の二人が、皆さんから寄せられた質問に答えながら、数分前に終わったばかりの試合を深く熱く分析します! 森保監督就任後初の公式戦で日本の選手たちはどのような戦いを見せるのか? 試合から見える収穫と課題を共に確認しましょう。
グループステ―ジに加え、日本が勝ち上がれば決勝戦まで放送いたします!

●放送予定
準決勝 イラン戦:2019/1/28(月)深1:15~2:00
準々決勝 ベトナム戦:2019/1/24(木)深0:15~1:00
ラウンド16 サウジアラビア戦:2019/1/21(月)後10:15~11:00
グループステージ第3節 ウズベキスタン戦:2019/1/17(木)深0:45~1:30
グループステージ第2節 オマーン戦:2019/1/13(日)深0:45~1:30
グループステージ第1節 トルクメニスタン戦:2019/1/9(水)後10:15~11:00

※試合が延長戦、もしくはPK戦となった場合、開始時間を試合終了後に遅らせて放送いたします。
※配信開始時間、配信終了時間は前後する可能があります。

●放送チャンネル
スカサカ!<無料生放送>、スカパー!オンデマンド <無料LIVE配信>
※YouTube スカサカ!「サッカー専門チャンネル」、Twitter (スカサカ!サッカー専門チャンネル(@sptv_jleague)でも無料配信いたします。

詳しくはこちら>>

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事