「吉田の責任の失点はなかった」 岩政大樹がアジアカップ決勝・カタール戦を分析 pt.2【動画あり】

2019年2月1日、サッカー日本代表はAFCアジアカップ2019の決勝でカタール代表と対戦し、1-3と敗北。2大会ぶりの覇権奪還はならなかった。

試合終了直後より、スカパー!で無料生放送・LIVE配信された「スカサカ!ライブ.net ~アジアカップ2019徹底検証~」では、元日本代表DF岩政大樹、サッカーライターの清水英斗の両氏が試合を分析。失点に絡んだ吉田麻也に責任はないとの見解を示した。

アルモエズ・アリの先制点とハティムの追加点で2点のビハインドを背負った日本は、南野拓実が1点を返したが、吉田のハンドがビデオアシスタントレフェリーでPKと判定されてしまう。これをアクラム・アフィフに決められ、再び2点差とされて敗れた。

DF出身の岩政氏は、吉田のプレーがハンドと判定されるのは「キツい」とコメント。ハンドが「かなり曖昧」なルールであることを指摘し、意図的でなくてもハンドとみなされるのであれば、「手に当たったことによって有利な状況になったらハンドにすればいい」と主張する。

岩政氏は「利益になったからということであれば納得できるけど、意図的だったということであればちょっと不可解。ましてやイエローカードまで出た。ちょっとかわいそう」と、吉田に同情した。


一方で、吉田が全失点に絡んだとの視聴者からの声にも、岩政氏は1点目のオーバーヘッドは「仕方がない」、2点目も「コースは切れない」と分析。「失点に絡むところにいなければ一番問題なのがセンターバック」「近くにいたという面では一番危ないところにいたとも言える」と訴えた。

PK献上もやむを得ないものだったとする岩政氏は、吉田にとって「うまくハマらなかった試合ではある」としつつ、「彼の責任の失点というのは、そんなになかった」と擁護した。

吉田本人は今後に向けていろいろ考えているはずとしたうえで、岩政氏はそれ以上にチームの対応が重要と強調。2点目のシーンでハティムをマークできなかった現象をチームとして詰めていくことが大切であり、「局面の話をずっとしていたら、いつまでも守れない」と主張した。




なお、岩政氏がMCを務めるサッカー情報番組「スカサカ!ライブ」では、2/8(金)午後9:00から生放送される#90にて、アジアカップにおける日本代表の戦いを振り返って特集する。番組ホームページはこちら>>


放送・配信された動画はこちらからご視聴頂けます。





この記事の画像

放送情報

サッカー情報番組「スカサカ!ライブ」

●番組内容
サッカー情報番組『スカサカ!ライブ』は、視聴者のサッカー観を広げるべく、普通のサッカー番組では敬遠されるような深いところまで切り込みます!MC岩政大樹、安藤幸代のほか、毎回豪華ゲストを迎えてお届けします。

●放送予定
#90 ~Jリーグキャンプ/アジアカップ特集~:2019/2/8(金)後9:00~10:30 <生放送>
※毎週金曜午後9:00~10:30生放送

●放送チャンネル
スカサカ!(CS800/Ch.580)、スカパー!オンデマンド

詳しくはこちら>>

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事