まもなくJリーグ開幕。中田浩二は古巣・鹿島の新主将に注目

2月14日放送のサッカー情報番組「スカサカ!ライブ」#138では、2020シーズンのJリーグについて議論。番組MCの岩政大樹、ゲストの中田浩二と岩本輝雄が、それぞれ注目チームを挙げた。

中田が注目するのは、自身の古巣である鹿島だ。昨シーズンを無冠で終えた"常勝軍団"は、アントニオ・カルロス・ザーゴを新監督に招へい。より攻撃的なスタイルを志向し、タイトル獲得を目指す。その中で、中田は三竿健斗をキープレイヤーに挙げた。新キャプテンの三竿について、中田は「ザーゴ監督はボランチに多くのものを求めるので、彼の役割が大事になる」と期待を寄せている。

続いて、岩本は札幌に注目。タイと沖縄でのキャンプに足を運んだ岩本は、鈴木武蔵、チャナティップ、アンデルソン・ロペス、ジェイを擁する強力な攻撃陣に魅力を感じている。

今シーズンは、前線からの守備に取り組んでいる札幌だが、練習試合では川崎F、琉球を相手に大量失点。まだまだ試行錯誤が続いているが、岩本は「守備を修正して、戦術がハマれば上位進出も狙える」と今後を展望した。

最後に、岩政は大分をピックアップした。昇格組として戦った昨シーズンは、片野坂知宏監督のもと、ポゼッション重視の戦術で9位と健闘。しかし、後半戦は相手チームの対策も進み、苦しい戦いが続いた。岩政は「GKからのビルドアップに特徴のあるチーム。2年目を迎えて、相手の対策をどのように上回るのかが鍵」とポイントを語っている。

また、中田は大分の懸念材料として、オナイウ阿道(横浜FM)の移籍を挙げた。昨シーズンに10得点を挙げ、日本代表にも選出されたストライカーの移籍は痛手となる。新たに知念慶や渡大生といった即戦力を獲得したが、彼らの活躍が今シーズンを左右するといっても過言ではない。

J1リーグは、2月21日(金)の湘南vs浦和を皮切りに幕を開ける。開幕節は、各クラブのプレシーズンの成果が現れるため、非常に興味深い試合となるだろう。

毎週金曜日21:00~生放送されているサッカー情報番組「スカサカ!ライブ」。次回は2月21日(金)21:00~放送スタートの予定となっている。

この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ

放送日時:2020年2月21日(金) 21:00~

チャンネル:スカサカ!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!