芸能界きってのテニス通!工藤阿須加が"国別対抗戦"で期待している日本人選手とは?

中学、高校とテニス部に所属し、プロテニスプレーヤーを目指していたこともあるという芸能界きってのテニス通である俳優の工藤阿須加。そんな彼がWOWOWにて3月6日(金)・7日(土)に連日生中継される「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本vs エクアドル」や、先日行われた「全豪オープンテニス」について振り返るなど、今シーズンのテニスの展望について語った。

男子はジョコビッチが8度目の優勝、女子はケニンが初優勝を果たした2020シーズン最初のグランドスラム「全豪オープン」については、「ジョコビッチの強さを改めて知らされました、異次元の強さでしたね。特に準決勝のフェデラー戦はすごかった。故障をしながらも出場したフェデラーも随所にすごいプレーを見せてくれましたが、ジョコビッチの強さが本当に際立っていたと思います」とコメント。一方、女子では昨年優勝の大坂なおみが3回戦で敗退という残念な結果となったが、「大坂さんは優勝できるポテンシャルがある選手だと思います。女子は誰が勝ってもおかしくない状況がこれからも続くと思います」と分析した。

また、車いすの部シングルスで男子は国枝慎吾選手、女子は上地結衣選手がアベック優勝を達成。2019年12月のWOWOWテニスドキュメンタリー「国枝慎吾・上地結衣 漸進~Road to 2020~」でナレーションを担当した工藤は、「番組でナレーターをやらせていただいた直後だったので、お2人の優勝にとても感動しました。本当に嬉しかったです。そして、東京パラリンピックへの期待がさらに大きくなりました。おふたりにはパラリンピックで金メダルを獲ってほしいです」と素直な気持ちを明かした。

全豪オープンでも存在感を示した男子では、ジョコビッチ、ナダル、フェデラーのTOP3の時代はしばらく続くのか――そんな今後の男子の勢力図について、「準優勝したティームの活躍には目を見張るものがありました。決勝戦では優勝するかと思いました。あと、ベスト4まで進んだズベレフも今回は大躍進したと思います。とにかく、若手が伸びてきて、レベルがすごく上がったという印象があります。これらの若手はあと2年もしたら、今のTOP3に代わってテニス界をリードしているという予感がこの大会でもしました」と自身の見解を語り、「カナダにフェリックス・オジェ アリアシムという19歳の選手がいるのですが、最近急成長されていると思うんです。193cmという長身で、バネがすごくあり、筋肉もすごいんです。モンフィスをさらにごつくした感じです。パワーもすごくあるので、強い選手とたくさん対戦して、ぐっと伸びてくる選手ではないかと期待しています」と、注目の若手選手についても明かした。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本vsエクアドル」については、「全豪オープンで4人も日本人選手が本選に出場するなど好調を保っているので、デビスカップもとても期待しています。錦織選手がこの大会から復帰するのではないかという情報もありますが、どの選手が出場しても勝てる状態になることがチームの志気をあげることにもなると思います」とコメント。

期待する選手には、今年の全豪オープンで自身初のグランドスラム3回戦進出を果たした西岡良仁を挙げている。「全豪では3回戦まで行きましたが、ポテンシャルの高い選手だったので、いつ勝ってもおかしくないと思っていました。ナダルのように走りまくってボールを拾い、チャンスを見て切り返すというプレースタイル。このアグレッシブなテニスなら、もっと上に行ってもおかしくないです。僕は錦織さんと同じように、すでに日本のエースになっていると思います」と熱い想いを明かした。

また右肘の負傷から昨年の全米オープン以降、全豪オープンやATPツアー大会に出場していない錦織については、「復帰してグランドスラムで優勝してほしいです。ハードコートが得意で全米オープンとの相性がいいと思うので、優勝を狙ってほしいです。もちろん、オリンピックも期待しています。がんばってほしいです」とエール。さらに、女子のエース・大坂なおみには、「やはり彼女にはグランドスラムのすべてに優勝してほしいです。なので、全仏、ウィンブルドンには特に期待したいです。そして、WTAツアーファイナルでも優勝して、1年を締めくくってほしいです。彼女はそれができる力を持っていると思います。全豪で敗れたのはメンタルの部分の影響だと思うので、そんなに心配はしていないです」と期待を言葉にした。

最後に、これからテニスを見ようと思う人たちへ楽しみ方について、「選手に注目するという楽しみ方もありますが、まずは"サーブって200キロも出るなんてすごい""しかも、そのボールをあんなに簡単に返してしまうのはびっくり"といった、ちょっとした驚きを楽しんでもらえればと思います。テニスのルールはそんなに難しくないと思うので、気軽に試合を見てほしいです。そして、マッチポイントになっても、大逆転があるスポーツでもあります。最後までどうなるか分からないというテニスならではの面白さを味わってほしいです」とメッセージを送った。

3月6日(金)・7日(土)に開催される「男子テニス国別対抗戦デビスカップ」は、母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る"テニスのワールドカップ"とも評される大会。日本代表は予選ラウンド突破を懸けてエクアドルと対戦するが、この試合は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、無観客にて開催されることが発表された。11月の決勝ラウンド進出を決めるだけでなく、東京でオリンピックへとつなげてほしい大切な一戦。ぜひテレビを通して日本チームを応援したい。

この記事の画像

放送情報

男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル
第1日
放送日時:2020年3月6日(金)11:50~
第2日
放送日時:2020年3月7日(土)10:58~
チャンネル:WOWOWライブ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!