福留孝介が14年ぶりに古巣・中日へ復帰!球界最年長の頼れる男がチームを優勝へ導く

3月26日(金)の公式戦開幕に向け、オープン戦真っ最中の日本プロ野球。今季もJ SPORTS 2の「J SPORTS STADIUM 2021」で主催試合が生中継される中日ドラゴンズは、3年目を迎える与田剛監督の下、10年ぶりのリーグ優勝を目指す。昨年8年ぶりのAクラス(3位)に入り、今季は優勝の期待が高まるチームの鍵を握るのが、阪神から14年ぶりに古巣へ復帰した福留孝介だ。

■ドラフト史上、高校生最多の7球団から1位指名!

鹿児島県大崎町で生まれた福留は、宮崎県串間市で行われていた中日のキャンプを小学生の時に見学し、憧れていた立浪和義(当時中日)からバットとサインをプレゼントされ、立浪と同じ道を進もうとPL学園(大阪)に進学した。1年の秋から4番を任され、3年時には春夏連続で甲子園へ出場。計3本のホームランを放ち、超高校級のスラッガーとして全国にその名をとどろかせた。そして1995年のドラフト会議では、高校生史上最多となる7球団が福留を1位に指名。抽選の末に、近鉄バファローズが交渉権を獲得したものの、中日と巨人を志望していた福留は入団を辞退し、社会人野球の日本生命へ入社した。

入社1年目の1996年には、史上最年少(当時)の19歳でアトランタ五輪に出場して2本塁打を放つなど、日本の銀メダル獲得に貢献した。翌1997年には都市対抗野球大会で、日本生命を優勝に導くなど活躍。そして、逆指名制度が導入された1998年のドラフト会議で中日を逆指名し、相思相愛での入団が決まった。

■首位打者を2回獲得し、メジャーリーグにも挑戦!

プロ1年目から132試合に出場し、打率.284、16本塁打の好成績を残した福留は順調に成長。2002年には内野手から外野手へコンバートされて守備の負担が減り、打撃フォームの改造にも成功。松井秀喜(当時巨人)の3冠王を阻み、打率.343で初の首位打者に輝いた。2006年には第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表に選出。準決勝の韓国戦では息詰まる投手戦の中、7回に代打で登場し値千金のホームランを放つなど、日本の優勝に貢献した。シーズンでも中日では56年ぶりとなる打率3割(.351)、30本塁打(31本)、100打点(104打点)、100得点(117得点)をクリアし、2度目の首位打者と、2年連続3度目の最高出塁率(.438)、そしてMVP(最優秀選手)に輝いた。

2008年には、FA(フリーエージェント)でメジャーリーグのシカゴ・カブスへ移籍。開幕戦の初打席で二塁打を放ち、9回には同点ホームランを放つなど華々しいデビューを飾った。そして、オールスターゲームにもファン投票で選出されるなど順風満帆に思えたが、徐々に成績は下降。2011年にはクリーブランド・インディアンス、2012年にはシカゴ・ホワイトソックスなどチームを渡り歩き、メジャーでは納得いく結果を残せなかった。

■阪神を経て中日へ復帰!今季初打席で1万打席目に

アメリカから帰国した福留は、2013年から阪神タイガースでプレー。故障に苦しむ時期も多かったが打線の中心として活躍し、2016年には日米通算2000安打、13年ぶり2度目のサイクル安打を達成。しかし、その後は年齢とともに成績も下降線をたどり、昨季は出場機会も激減して無念の戦力外通告となった。

今季14年ぶりに中日へ復帰した福留は、4月に44歳を迎える。日本球界最年長だが、「もっと野球がうまくなりたい」という向上心に衰えは微塵(みじん)もない。キャンプでは若手選手と同じ練習メニューをこなし、古巣復帰後2戦目の対外試合で2安打を放つなど、元気な姿を見せている。中日への入団は勝負強さを買われてのものだが、「最初から代打だけのつもりは、さらさらないです。隙あらばスタメンの座を獲ってやるって思いですよ」と意気込む。これまで日本で17年、7723打席、メジャーで5年、2276打席と、計9999回の打席に立ってきた大ベテランの福留孝介。J SPORTS 1で試合開始から試合終了まで生中継する開幕戦。中日ドラゴンズはマツダ スタジアムで広島東洋カープと対戦する。福留が開幕後初試合で迎える1万打席目に、どんなバッティングを見せるのか注目だ。

文=田口裕(エンターバンク)

この記事の画像

放送情報

J SPORTS STADIUM2021 ~オープン戦~ 中日 vs. 埼玉西武
放送日時:2021年3月10日(水)12:55~
チャンネル:J SPORTS 2
※J SPORTSでは2021レギュラーシーズン中日ドラゴンズ主催試合を生中継
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!