中畑清が語るスーパースター・長嶋茂雄との秘話「俺と長嶋さんとの新しい章が始まったんだよね」

中畑清
中畑清

山本昌がMCを務める「マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~」(スポーツライブ+)#37に中畑清が登場。番組では、野球を始めたきっかけから学生時代、プロ時代、監督時代と中畑の野球人生を振り返りながら、新たな学びを得る。また、1985年に設立し初代会長を務めたプロ野球選手会の労働組合についてのエピソードを紹介する。

今回、収録後の中畑にインタビューを行い、収録の感想や自身の"スーパースター"長嶋茂雄とのエピソード、横浜DeNAベイスターズの好調の秘けつなどについて語ってもらった。

――収録はいかがでしたか?

「人生を振り返ってもらったんだけど、『俺の人生、やっぱり幸せな人生だったな』って。良い出会いがあって"野球人"として良い人生を歩けたんだなと思いました。子供の時に長嶋さんに憧れたスタートから『こんな人生を歩めたらいいな』と思い描いた理想と微塵も違わない人生を歩めたっていうのを振り返ることができて、『こんな幸せでいいのか』と思ったし『また新たに頑張ろう!』という気持ちになれたね」

――現役時代の山本昌さんの印象は?

「普段から"人の良さ"っていうのがにじみ出ている男なんで、なかなか敵を作らないタイプに感じていたね。マウンドと打席で相対した時に一生懸命敵対心を持ちながら戦うんだけど、『打てなくても打ってもどっちでもいいな』って思わせるくらい(笑)。体がでかくて顔もごついんだけど、その反面すごく人間味のある男だなという感じがする。グラウンドを離れてから付き合ってみても、ずっと礼儀正しい男だし、好感度抜群じゃないですか?」

――収録ではご自身の"スーパースター"として長嶋茂雄さんのお話を披露されていましたが、長嶋さんとのエピソードを教えてください。

「(巨人の)V9時代の選手が、普段から長嶋さんのことを『監督』じゃなくて『ミスター』って呼ぶんですよ。『ミスター!』って呼んで、長嶋さんが『ん~、どうした~?』っていうやり取りがすごくカッコよくて!俺もずっと、『監督』じゃなくて『ミスター』って呼びたかったんだよ。それで、現役終わって初めて長嶋さんとゴルフを一緒にやる時に、勇気を出して後ろから『ミスター!』って呼んだんだよね。そうしたら、(長嶋が)『ん?どうしたんだ、清~?』って反応してくれて!あの時の感動っていうのは今でも忘れない!やっぱり『監督』と『ミスター』では距離感が違うんだよ。『ミスター』は同じ野球人になれたような感じがするから。それから『ミスター』って呼べるようになって、俺と長嶋さんとの新しい章が始まったんだよね。でも、あの時はただ『ミスター』って呼びたかっただけだから、後の会話が続かなくて...(笑)」

この記事の画像

放送情報

マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~#37
放送日時:2022年9月13日(火)0:00~
チャンネル:スポーツライブ+
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事