宇野昌磨坂本花織ら日本勢が躍進!クワッドアクセル成功のイリア・マリニン三浦佳生ら次世代スターにも注目のGPシリーズ

「フィギュアスケートグランプリシリーズ2022」(テレ朝チャンネル)
「フィギュアスケートグランプリシリーズ2022」(テレ朝チャンネル)

10月22日に開幕し、11月27日(日)まで第6戦が行われているISUグランプリ(以下、GP)シリーズ。冬季五輪、世界選手権と並ぶフィギュアスケート3大大会の1つであり、12月8日(木)~11日(日)にイタリア・トリノで開催されるGPファイナルの出場を巡って、各国の代表選手が熱い火花を散らしている。

第1戦・アメリカ大会から全6戦が開催されるGPシリーズは、各選手最大2大会まで出場が可能で、出場2大会の合計成績上位6名がGPファイナルに進出できる。既に第4戦・イギリス大会まで終了している今季も、ニュースター誕生など様々なトピックが賑わせている。

■"クワッドゴッド"イリア・マリニンの鮮烈なデビュー!三浦佳生や坂本花織ら日本勢も好発進

プロに転向した羽生結弦や、休養を発表したネイサン・チェンというフィギュア界を牽引してきた両選手の不在で、次世代スター選手の動向に注目が集まっていた今季。北京五輪の銀メダリスト・鍵山優真選手が、怪我の影響から第1戦・第3戦を欠場する中、新たな時代の幕開けを最も印象づけた出場選手と言えば、第1戦に登場したイリア・マリニン(アメリカ)だ。

今季からシニアに本格参戦した17歳のマリニンは、「U.S.インターナショナルクラシック」で史上初めてクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を成功させ、その後の動向が大きな注目を集めていたが、第1戦のフリーではクワッドアクセルを完璧に成功。前日のショートプログラム(以降、ショート)の4位から逆転し、見事に優勝をさらった。

そんなマリニンと同じく今季からシニアに転向した17歳の三浦佳生は、ショートで首位発進しながら惜しくもフリーで逆転されてしまったが、自己ベストを更新する渾身の演技で2位を獲得。続く第2戦・カナダ大会でも2位に入った彼は、GPシリーズ初参戦ながら(第4戦・イギリス大会が終了した時点で)早くもGPファイナル進出を確定させている。

放送情報

フィギュアスケートグランプリシリーズ2022
第2戦カナダ大会
放送日時:2022年11月21日(月)7:00~ほか
第3戦フランス大会
放送日時:2022年11月28日(月)7:30~ほか
第4戦イギリス大会
放送日時:2022年12月5日(月)7:00~ほか
第6戦フィンランド大会
放送日時:2022年12月12日(月)7:00~ほか
グランプリファイナル
放送日時:2022年12月28日(水)8:00~ほか
チャンネル:テレ朝チャンネル2
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事