落語家・柳家さん喬柳家喬太郎柳家花緑に聞く「家に居ながら寄席」の楽しみ方

写真左から、柳家喬太郎、柳家さん喬、柳家花緑
写真左から、柳家喬太郎、柳家さん喬、柳家花緑

落語が題材の人気漫画がアニメ化や実写ドラマ化されたり、落語家がドラマや映画、バラエティー番組に出演したり、人気落語家の独演会に若い女性ファンが殺到するなど、落語が高い注目を集めている。そんな中、家に居ながら寄席を粋にたしなめる「東陽町演芸場 produced by 寄席チャンネル」が6月8日よりBSスカパー!で放送されている。今回、番組に出演する、柳家さん喬、柳家喬太郎、柳家花緑に質問を送り、回答をいただいた。

■柳家さん喬

――落語家として最も大切にしていることは何ですか?

「常にお客さまと同じ絵を描き、その噺を共有できたらと思います」

――どんな噺が一番好きですか?また、好きな噺と得意な噺は同じですか?

「得意な噺はなかなかありませんが、皆さまが聞きたいと仰ってくださる噺が好きな噺かもしれません」

――落語界は今後どのように変化していくと思いますか?

「多くの若い噺家がどんどん育っております。その噺家たちが根を張っていてくれています。そんな若い噺家が良い世界を残してくれると信じています」

――番組をご覧の方にメッセージをお願いします。

「笑ったり、うれしくて涙を流してくださったり、そんなふうに落語を聞いてくださって、ひと時でも、ご一緒に過ごしていただけたら何よりと思います。さん喬一門よろしくお願い申し上げます」

■柳家喬太郎

――落語家として最も大切にしていることは何ですか?

「何でしょう...?気持ちの余裕なく過ごしているので、すみません、自分でもよく分かりません」

――どんな噺が一番好きですか?また、好きな噺と得意な噺は同じですか?

「他愛のない噺が好きです。得意な噺はまだありません」

――落語界は今後どのように変化していくと思いますか?

「なんとかなるんじゃないでしょうか」

――番組をご覧の方にメッセージをお願いします。

「コロナ禍でものんびり過ごしている一門の落語を、のんびり、ぼんやりお楽しみください」

■柳家花緑

――落語家として最も大切にしていることは何ですか?

「素直に丁寧にしゃべること。ひと高座ごとに自分の集大成だと思います。だから反省しっぱなしです」

――どんな噺が一番好きですか?また、好きな噺と得意な噺は同じですか?

「一番好きという概念を持っていません。たくさんの噺のいい部分を見付けて演じています。時にその部分を誇張したり、膨らましたりして自分の落語にしております。得意という概念も持たないように生きてきたので、得意な噺はありません。好きな噺はたくさんあります」

――落語界は今後どのように変化していくと思いますか?

「やはりライブ配信は今後増えていくでしょう。この番組もそうですし、自分も配信のライブを増やして行こうと思います。それをやることによって、今後どうなっていくのかを見守っていきたいと思います」

――番組をご覧の方にメッセージをお願いします。

「弟子は私にとって子供です。だからあんまり褒めませんが、それぞれの個性をお楽しみいただけたらと思います。芸は日々変わっていきます。私を含めて完成した芸を持っておりません。"のびしろ一門"と呼んでいただきたい。末長くお付き合いを!」

この記事の画像

放送情報

<放送情報>
東陽町演芸場 produced by 寄席チャンネル
放送日時:2020年6月12日(金)17:30~
※毎週(月)~(金)17:30
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合があります


<配信情報>
スカパー!オンデマンド配信のご視聴はこちら
https://vod.skyperfectv.co.jp/feature/bss_yose/

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!