モーニング娘。の新旧メンバーがライブで躍動!

3月31日と4月1日の2日間に渡って、ハロー!プロジェクト所属のアイドルによるライブイベント「Hello! Project ひなフェス2018」が神奈川・パシフィコ横浜展示ホールで開催された。計4公演が行われ、初日の昼公演は「Hello! Project 20th Anniversery!!プレミアム」、夜公演は「モーニング娘。20th Anniversary!!プレミアム」。2日目の昼公演は「アンジュルム&Juice=Juice プレミアム」、夜公演が「モーニング娘。'18 プレミアム」という内容だった。

ハロプロ20周年ということで、レジェンドメンバーが多数出演したが、ここでは初日の夜公演の模様をお届けしよう。「モーニング娘。20th Anniversary!!プレミアム」というタイトル通り、モーニング娘。のOGも出演した。ライブはモーニング娘。'18のメンバーと矢口真里、吉澤ひとみ、高橋愛、藤本美貴、道重さゆみ、田中れいなによる「Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜」でスタートした。ノリのいい踊れる楽曲でいきなり会場の温度が上がるほどの盛り上がりに! 「OGのみんなから息切れが」という自虐的なネタで矢口が笑いを誘い、その後、道重に対して「若さを保つ秘訣は?」と聞くと、「自分に自信を持つことですね。今日は点数が低くて...100点です」と答えて会場から大きな歓声が起こった。

トークでの盛り上がりをそのままに、吉澤ひとみが稲場愛香とこぶしファクトリーの野村みな美と共にプッチモニのヒット曲「BABY! 恋にKNOCK OUT!」を歌い、矢口がミニモニ。の「ミニモニ。ひなまつり!」をモーニング娘。'18の石田、小田、横山と披露した。

先輩たちの見事なステージパフォーマンスに負けじと、ハロプロ研修生、つばきファクトリー、こぶしファクトリー、カントリー・ガールズがそれぞれの楽曲で個性を見せつける。折り返しとなる頃、全員ステージと花道に広がりながら「桜ナイトフィーバー」を歌い、まさに"春"らしさをしっかりと感じさせてくれた。

後半もJuice=Juice、アンジュルム、モーニング娘。'18がステージを展開し、終盤は再びモーニング娘。OGたちがステージに登場。藤本は彼女の代表曲「ロマンティック 浮かれモード」をハロプロ研修生と、田中はソロで「ロックの定義」をカッコよく聴かせた。道重はグループ在籍時と変わらない可愛さで「ラララのピピピ」を、高橋は道重と田中と一緒に「Give me 愛」を歌い、OGメンバーそれぞれの個性と魅力を再確認できた。吉澤、高橋、藤本、道重、田中が「悲しみトワイライト」を歌った時には、彼女たちの絆の強さ、そしてファンとの結束力もしっかりと伝わってきた。

「ひなフェス」初日のラストは全員による「浪漫〜MY DEAR BOY」で締めくくられたが、この日にしか見られないコラボや貴重なステージパフォーマンスなどが盛り沢山で、記憶に残る公演となった。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2018」 3月31日(土)夜公演

放送日時:2018年5月19日(土)21:00~

チャンネル:BSスカパー!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事