デビュー10周年の西野カナが「LOVE」を伝える最新ライブパフォ-マンス!

8月28日に全国アリーナツアー2018『LOVE it Tour ~10th Anniversary~』をスタートさせた西野カナ。ツアー名にもあるように、今年は彼女にとってデビュー10周年となるメモリアルイヤーだ。

これまで発表したアルバムのタイトルには、すべて"LOVE"という言葉が使われていることからも分かるように、一貫して"LOVE"をテーマに歌い続けている西野。

そんな彼女は、2008年2月に「I」でメジャーデビュー。同作はCDのリリースに先駆け、世界初となる日米先行配信を敢行し話題を呼んだ。

2009年には音楽配信サイト レコチョクの2009年度着うたフル年間DLランキングTOP50に「もっと...」(14位)「君に会いたくなるから」(15位)「遠くても feat.WISE」(36位)の3曲がランクイン。翌年2010年5月にリリースされた10thシングル「会いたくて 会いたくて」の大ヒットで、次代の歌姫の地位を確かなものとした。その後はリリースする曲全てがヒットしている印象を受ける西野。中でも2015年9月リリースの27thシングル「トリセツ」は、発売から3年が経った今年もカラオケDAM2018年上半期総合ランキングTOP50入りするなど、代表作の1つだ。

デビュー以来、ほとんどの曲で作詞を手掛ける西野。その理由について過去のインタビューの中で、「自ら歌う以上、自分の想いを伝えたいし、そうすることで西野カナ自身のことを知ってもらえると思ったから」と明かしている。彼女自身の思いや感じたことをありのままに表現する歌詞は、聴く者が共感できる部分も多い。この辺りが、感受性の高いティーン世代から特に支持を集める理由だろう。

また、三重県出身の西野は地元愛が強いアーティストとしても知られている。デビュー年の2008年12月に行われた当時の野呂昭彦三重県知事との会談の中で、史上最年少で「みえの国観光大使」に任命された。4thアルバム『Love Place』(2012年)に収録される「My Place」は郷土愛をテーマにしており、2012年のアリーナツアーを三重県営サンアリーナからスタートさせていることからも、地元への強い想いをうかがい知ることができる。

エムオン!では、北海道・ニトリ文化ホールにて行われた全国ホールツアー2018「LOVE it Tour」最終公演の模様を、9月16日(日)に独占初放送することが決定した。彼女が歩んだ10年間の魅力が詰まった最新ライブステージを、ぜひチェックしてほしい。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

M-ON! LIVE 西野カナ 「LOVE it Tour」

放送日時:2018年9月16日(日)19:30~

チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事