約18万人が同時視聴!新時代をリードする藤井風、グランドピアノのみで魅せたライブ

2019年初春に活動の拠点を岡山から東京へ移し、全国のサーキットイベントや大型フェスに続々と出演した藤井風。2019年の年末にはオリジナル音源リリース前にも関わらずワンマンライブのチケットが即日完売し、翌年1月に満を持して初のオリジナル音源となる「何なんw EP」をリリースして以降、破竹の勢いで音楽シーンを駆け上がり続けている。

2021年9月4日には日産スタジアムで"Free"をコンセプトにした無観客生中継ライブ「Fujii Kaze "Free" Live 2021」を開催。約7ヶ月ぶりとなったこのライブは、当初有観客での入場無料ライブを予定していたが、新型コロナウイルスの感染者数拡大により無観客での実施となり、ライブの模様はYouTubeにて無料生中継された。当日は約18万人が同時視聴し、天然芝の上に藤井風とグランドピアノのみというシンプルなスタイルで行われた極上の1時間となった。

この無観客生中継ライブの模様が、「優しさ」「旅路」などのミュージックビデオの監督を務めた山田健人による再編集版として、10月9日(土)にスペースシャワーTVにて放送。当日実際に使われたグランドピアノを傍らに本人がそのライブを振り返るオリジナルインタビューの模様も交えた、計60分の特別番組となる。今回のライブ実施にあたり藤井風は何を考え、何を思っていたのか――ライブの模様を振り返りながら楽しめる構成で、一度ライブを見た方も見逃せない内容となっている。

インタビュアーを務めるのは、FM802のDJ・飯室大吾。ラジオでの共演や、以前スペースシャワーTVで放送された特別番組「藤井 風 HELP EVER HURT "COVER" SPECIAL」でもインタビュアーを務めており、2人の関係性があるからこそ語られた深い内容となっている。

今回の"Free"をテーマとしたライブについて藤井風は「"Free"という言葉には、『自由な』『制御されていない』『解放的な』といった意味がある。みんなが平等に、心が軽くなる、自由になれるライブを届けたかった。自分も最初は緊張していたが、徐々に"Free"になっていくプロセスを見せられたのではないかと思う」と語った。さらにライブ終了後の心境として「終わった直後は記憶がなかったが冷静で、どれだけみんなに伝わったかな、届いたかな、と思った。自分にやれることはやったという気持ちだった」と教えてくれた。

その他にも、今回のライブプロジェクトの発端や本番までの過程、日産スタジアムという会場でピアノ1台のみでライブを行うことについてなど、本人の言葉によるインタビューが満載。ここでしか見られない再編集版のライブ映像とともにたっぷりと堪能したい。

この記事の画像

放送情報

Fujii Kaze "Free" Live 2021 SPACE SHOWER TV Exclusive Edition
放送日時:2021年10月9日(土)22:00〜
藤井 風 MUSIC VIDEO SPECIAL
放送日時:2021年10月9日(土)23:00〜
チャンネル:音楽・ライブ! スペースシャワーTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!