Shuta Sueyoshiが武道館公演でソロツアー完走!「みんなのおかげで夢がかなった!」

photo by Takahiro Kugino
photo by Takahiro Kugino

Shuta Sueyoshiが初ソロライブツアー「Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2018 -JACK IN THE BOX-」を開催。1stソロアルバム『JACK IN THE BOX』を引っ提げ、全国6カ所を巡った本ツアーが4月11日、東京・日本武道館での追加公演でファイナルを迎えた。

赤く染まったミステリアスな映像でスタートしたオープニング。映像の中のShutaが、がれきの山の中から発見したオルゴールをゆっくりと回すと、ステージ上に古めかしいクマのぬいぐるみが姿を見せた。「1本の映画を見る感覚で見てほしい」と彼が語っていた通り、メルヘンチックながらどこかもの悲しい演出で、オープニングから観客を物語へと引き込んでいく。心音のように響く低音と共にぬいぐるみに代わってShutaがステージに現れると、早くも会場のボルテージは急上昇。「Shall We!!」をロックに歌い上げ、「待たせたな、武道館!」と、ファンをあおる。

続く「Let it ride」では、「Everybody! Clap your hands!」というShutaの声で会場が一つに。ステージを覆っていた深紅の幕がすべて上がると、大きな本が積み上げられたファンタジックなセットが登場。「JACK IN THE BOX(びっくり箱)」というツアータイトルに相応しい、おとぎ話のようなセットは、Shutaのこだわりがたくさん詰まっている。

イントロだけで大歓声が起きたのは「Run Away」。クールなダンスとコール&レスポンスで会場の一体感はMAXに。グリーンとパープルに2分割された不思議な照明が、めまぐるしく色を変えステージを彩り、観客もドラマチックな構成に観客もうっとり。中盤では、Shutaが振り付けをレクチャーし「Switch」をファンと一緒にダンス。全員がぐるぐると腕を回して踊る姿は壮観だった。コミカルなパントマイムから始まる「Acting」では、キュートなネコミミ姿も披露! カッコイイからカワイイまで、その振り幅の大きさを見せつけファンをメロメロにした。

ダンス、魅せ方といったビジュアル面はもちろん、歌声もやはり圧倒的だった。その美声が際立ったのはaikoのカバー曲「カブトムシ」。アカペラで彼が歌い出した瞬間、甘くかすれた、だが力強い歌声に、鳥肌が立つほど。夕日のような温かなオレンジ色の光に照らされながら、切々とつむがれる愛の歌に会場はただただ聴き入るばかりだった。ショートMCを挟んでからの折り返しは、怒濤の展開に。リフターを使ったダンスがおしゃれな「体温」で魅せたかと思えば、セットが一変。大きな時計とそれを回すように動く無数の歯車の中で歌う「秒針 Re:time」は、映画のワンシーンのように壮大かつ美しさを感じさせた。「Sad Story」では、ステージが赤く染まる。1曲ごとに色を変えるステージングから目が離せなくなる。

ラストのMCでは「これでこのツアーも終わりかと思うとすごく寂しい気持ちです。本当にみんながこうやってこの場所に集まってきてくれたから、今、すげー幸せです」と本音を吐露し、ファンの温かい拍手と歓声に「すげーいろいろ考えたからさ、うれしいな」と喜びをかみ締める場面も。ラストは「夢」を力強く歌い上げ、熱い思いを届けた。

「このツアーは、このステージは、俺にとって通過点でしかありません。まだまだ俺もやりたいことたくさんあるし、みんなに見せたい景色もたくさんある」と、さらなる進化を宣言したShuta Sueyoshi。ソロライブという大きな夢を一つ実現させ、さらなる階段を上っていく彼の背中はとてもたくましく見えた。彼が見せる新しい景色がどんな色に輝くのか、今から楽しみで仕方がない。

文=鳥取えり

この記事の画像

放送情報

Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2018 -JACK IN THE BOX- NIPPON BUDOKAN

放送日時:2018年5月27日(日)19:00~

チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!