ナム・ジヒョン、便利屋さんに依頼したいのは韓国全土の●●マップ! |シムクン♥韓流

シムクン❤韓流にナム・ジヒョンさん登場!ドラマ「100日の郎君様(原題)」の裏話などお聞きしました!

最新作「100日の郎君様」で演じたホンシムはどんな役ですか?

「父親が汚名を着せられ殺されたせいで、身分を隠して新しい名前で生きることになったという傷があるにもかかわらず、賢くて明るくて逞しく生きている女性です。」

ジヒョンさんといえば、ホンシムのようにたくましく生きる女の子の役を多く演じてきた印象があります。

「実際の私と似ているので、そういう役をたくさんいただけたんだと思います。20代も中盤に差し掛かりましたし、少しずつ悲しみを多く抱える役のような重みのある役や、いろんなタイプのキャラクターを演じていきたいな、と。そのために一人で密かに準備をしているところです。」

ホンシムと似ていると思ったのはどこですか?

「感情よりも理性で動くところは本当に似ています。私も常にベストを尽くし、何事にも全力で取り組もうとするタイプですし。ドラマは後半になるにつれて感情的に崖っぷちに追いやられる場面がすごく多いのですが、ホンシムはそんな中でも屈することなく『自分が今すべきことは何か』『今出来ることは何か』『この状況をどうやって打破しようか』と冷静に考えるんです。そういう点がよく似ていて、共感ができました。」

ひょんなことから結婚することになったウォンドクが作った借金を返すため、ホンシムは「便利屋」を始めます。もし今便利屋に依頼をするなら、どんなことを頼みたいですか?

「韓国全土の『美味しい店マップ』の作成を頼みます。あ!全世界バージョンもいいかも!私は美味しいものを食べたり、おいしい店を探すのが大好きなので、地図があれば旅行に行った時に立ち寄れますよね。とてもいい案だと思いませんか?」

昨年末、鹿児島に行ったそうですが、その時も美味しいものをたくさん食べましたか?

「はい!友達とネットで見つけた店に行ったり、現地の方で賑わってる店に入ってみたり、雰囲気が良さそうな店に行ってみたり。私、"おいしい店レーダー"があるようで、私がビビッときた店はだいたい美味しいんです。特に鹿児島ラーメンが美味しかったです。」

おいしい店は並んでも食べたい方ですか?

「30分は軽く並びます。1時間まではまだ並んだことがないですが、本当に食べたければ何時間でも待てると思います。」

劇中、「大切なものは人によって違います。愛、家族、権力......」というセリフがありますが、ジヒョンさんにとって大切なものとは?

「家族と友達、そして美味しい食べ物です。だから友達と美味しいものを食べたり、家族と美味しいものを食べたりする瞬間は、本当に幸せです。家族と言うのは、口に出さなくてもいろんな感情を感じあえる存在だと思います。家族だからこそ、心遣いを見せなくてはいけない場面もありますが、どんなときにも絶対にそばにいてくれる、味方でいてくれるとても大切な存在です。」

現在大学3年生ですが、大学生活はいかがですか?

「学校の友達はみんな優しくて、一生懸命自分の人生を生きている素敵な子達です。そんな友達と一緒にいると活力がもらえます。最近、友達たちを見ているといろんなことを考えるんです。私たち自身は変わっていないけど、私たちを取り巻く状況というのは少しずつ変わるじゃないですか。大学の友達たちは就職準備をしている人も多かったりもするし。10代で出会って、少しずつオトナになっていっているということを、最近実感するようになって。悲しいとか嬉しいとかいう単語では形容できない、何とも言えない気分がします。たぶん、『温かい』に近い感情なのかなぁ。」

女優ナム・ジヒョンと大学生ナム・ジヒョンは違いますか?

「ちょっと違うと思います。女優ナム・ジヒョンはきちんと着飾っていますが、大学生ナム・ジヒョンは、薄化粧で服も靴もラフで、髪も適当に一つにまとめただけで出かけちゃったりもします(笑)」

来年は4年生ですね。卒業論文のテーマは決まっていますか?

「私の大学は卒業論文が選択制なんです。だから論文は書かないつもりです。あと2教科分の単位を取れば卒業までに必要な単位をクリアします。」
(記者が拍手をすると一緒に拍手をする)
「前期に2つ取るか、前期と後期に分けるか考えているところです。幅広い教養を得られて面白そうな授業を取る予定です。試験のプレッシャーを除けば"学ぶこと"は好きなんです(笑)。これからもいろんなことを学んでいきたいですね。」

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「popstyle(ポップスタイル)」紙面にて始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

「シムクン」とは、韓国語で「胸キュン」を意味する流行語です。
次世代の韓流スターの素顔に迫ったインタビューと写真、プレゼント企画など「シムクン」な内容盛りだくさんです。「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。

http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

当サイトでは「シムクン♥韓流powered by スカパー!」と連動し、記事内では伝え切れなかったエピソードなどを読むことができます。ぜひ、「シムクン♥韓流powered by スカパー!」とあわせてお楽しみください。

シムクン韓流コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

「100日の郎君様(原題)」


宿命の婚姻、運命の愛――
ド・ギョンス(EXO-D.O.)主演、記憶を失った世子の100日間の愛を描くロマンス時代劇


【あらすじ】
幼いイ・ユル(子役:チョン・ジフン)はある日ユン・イソ(子役:ホ・ジョンウン)に一目惚れする。衝動的に婚約を申し出るユルだが、その直後ユルの父が王座を狙って謀反を起こし、その罪をイソの父に着せる。濡れ衣を着せられたイソの父は命を落とし、ユルとイソは離れ離れになってしまう。
それから16年後。世子となったユル(ド・ギョンス(EXO-D.O.))は世子嬪のソへ(ハン・ソヒ)にも心を開かず、王宮で孤独に成長する。世子嬪との夫婦仲を家臣たちに責められたユルは、腹立ち紛れに国中の適齢期を過ぎた男女は結婚するようにという命を出す。そんな中、ユルは暗殺者に狙われて傷を負い、命からがら逃げる道中で気を失って、ある村で助けられる。
その頃ホンシムと名前を変え生き延びていたイソ(ナム・ジヒョン)は結婚適齢期を過ぎ、村中から白い目で見られていた。結婚を免れるため、ホンシムはとっさに「ウォンドゥクという婚約者がいる」と嘘をつく。だがホンシムの言葉を疑った役人から鞭打ちの刑に遭う。そこに記憶を失ったユルが現れ「自分がウォンドゥクだ」と名乗り出る。こうして2人は夫婦の契りを交わすことになるが、世子として育ったユルは生活力ゼロで…!?


出演:ド・ギョンス(EXO D.O.)、ナム・ジヒョン、チョ・ソンハ、チョ・ハンチョル、キム・ソノ、ハン・ソヒ、キム・ジェヨンほか
演出:イ・ジョンジェ
脚本:ノ・ジソル


放送日時:2019年1月19日(土)より毎週(土)20:50~2話連続放送中<全16話>
チャンネル:KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。



チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!