渾身の演技を見せた「ヘチ」から遡ること10年...チョン・イルの礎となった時代劇

「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」
「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」

(C)MBC

時代劇ファンに長く愛されている名作「イ・サン」(2007年)「トンイ」(2010年)のキム・イヨンが脚本を手がけ、朝鮮第21代王・英祖(ヨンジョ)の"王子時代"を描いた「ヘチ 王座への道」(2019年)。NHKでの放送を機に今再び注目を集めている同作で、主人公のイ・グムを演じているのが、人気俳優チョン・イルだ。

除隊後の復帰作であるこのイ・グム役に並々ならぬ覚悟で臨んだ彼は、兵役中の体重から10kg以上も減量し、不遇の王子が正義を追い求め平等な世を目指すようになる複雑な心理状況を巧みに表現。また王になった際には大衆の前で圧巻の演説をするカリスマ演技を見せている。

切れ長の目とどこか気高さを漂わせるイルは、もともと韓服姿がよく似合う風貌ではあるが、入隊以前から「夜警日誌」(2014年)や韓国で最高視聴率46.1%を記録した「太陽を抱く月」(2012年)などヒット時代劇への出演を重ねてきた。真面目で努力家な性格でトレーニングを重ねたであろう剣術などのアクションも目を見張るものがあるのだ。そんな彼の時代劇の才能が見出された最初の作品と言えば、4月11日(日)からチャンネル銀河で放送される「美賊イルジメ伝」(2009年)だ。

眉目秀麗なイルジメ役で注目された当時22歳のチョン・イル「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」

(C)MBC

チョン・イルが演じているのは、高級官僚の父と奴婢の母との間に生まれ、赤ん坊の時に梅の枝の下に捨てられた青年・イルジメ。養子として清国に渡り武術を学ぶが、自身の出生の秘密を知った彼が再び祖国へ戻ると、暴挙を振るう権力者や悪人らによって苦しむ民衆たちの姿を目の当たりにする。やがて、イルジメは黒覆面で顔を隠し、弱い民の暮らしを救う義賊へと変貌。彼が現れたその現場には必ず梅の枝が残されていたことから、次第に国の英雄"一枝梅(イルジメ)"として知られるようになっていく。

「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」

(C)MBC

「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」

(C)MBC

無邪気な高校生を演じたデビュー作「思いっきりハイキック!」(2006年)の時とは打って変わって、人間に対する怒りや苦悩を露わにするイルジメを演じたチョン・イル。鋭い目つきの怒りの感情表現も新鮮だったが、本作で一番評価を受けたのは韓国や中国だけでなく日本の対馬で忍者修行をしてから挑んだという武術シーン。物語の随所にキレのあるアクションが散りばめられている。撮影前からしっかりと基礎トレーニングも積んでいたようで、華麗な身のこなしは必見だ。また、イルジメを支え続ける女性ウォルヒ(ユン・ジンソ)と見せるラブロマンスや、姑生になりきり女装姿まで披露するなど若かりし頃のチョン・イルの魅力が詰まっている。

「美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>」

(C)MBC

「美賊イルジメ伝」で多くの可能性を見せ、その後も時代劇で活躍を続けるチョン・イル。韓国で間もなく放送される最新作「ポッサム-運命を盗む」でも時代劇に挑んでおり、ポッサム(朝鮮時代に男が寡婦を連れてきて再婚すること)を生業とし、どん底の人生を歩んできた男に扮するようだ。新たな配役も楽しみではあるが、その前に彼の礎となった初期の時代劇を改めて見返したい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

美賊イルジメ伝<ノーカット字幕版>
放送日時:2021年4月11日(日)22:00~
※毎週(日)22:00~(3話連続放送)
チャンネル:チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!