「山河令」のブロマンスとは一転、チャン・ジャーハンがラブ史劇で覗かせる強引なアプローチ

「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」
「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」

あの「陳情令」(2019年)に次ぐブロマンス時代劇として、2021年の話題をさらった「山河令」。善悪と愛憎が複雑に絡み合う武侠の世界観と、ブロマンスとの相乗効果は絶妙で、その人気は瞬く間に世界中へと波及。主演のチャン・ジャーハンとゴン・ジュンの知名度も一気に拡大していった。

特に、暗殺組織の元首領・周子舒(ジョウ・ズーシュー)を演じたチャン・ジャーハンは、それまでも「ハンシュク~皇帝の女傳」(2015年)をはじめ数々のドラマに出演。端正なルックスはもちろん、しなやかな身のこなしで見せるアクションに定評のある演技派として注目を集めてきた。

「山河令」のチャン・ジャーハンがツンデレな魅力を発揮する「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」
「山河令」のチャン・ジャーハンがツンデレな魅力を発揮する「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」

(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

そんな彼が"ツンデレ"な皇子を演じ話題を呼んだ宮廷ラブロマンス「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」(2020年)が、アジアドラマチックTV (アジドラ)にて10月6日(木)より放送される。高貴な身分の2人の男性の間で揺れるおてんばなヒロインの恋愛模様を描く本作で、ジャーハンが演じるのは、悲しい過去を持つ高潔な皇子・粛王こと徐晋だ。

「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」
「如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~」

(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

一見、とっつきにくいクールな徐晋だが、心を許した相手のピンチには捨て身で駆けつけるという硬派で男らしい人物。皇子と言う立場上、宮廷での敵も多く、ジュー・ジンイー演じるヒロイン・傅容のことも初めは刺客の一味ではと疑うが、目の前のことに一生懸命で快活な彼女に次第に惹かれていく。

この記事の画像

放送情報

如意芳霏~夢紡ぐ恋の道~
放送日時:2022年10月6日(木)17:30~
※毎週(木)(金))17:30~
チャンネル:アジアドラマチックTV (アジドラ)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事