「不滅の恋人」のチュ・サンウク、「僕の演技人生において記憶に残る作品」と語った「太宗 イ・バンウォン」の役作り

「太宗イ・バンウォン」インタビュー SP(KNTV)
「太宗イ・バンウォン」インタビュー SP(KNTV)

高麗末期から朝鮮建国と激動の時代に尽力し、後に"第3代王・太宗(テジョン)"として君臨したイ・バンウォン。彼の人物像に新たな視点を交え、その波乱万丈な生涯を描き出した本格時代劇が、KNTVにて10月9日(日)より放送される「太宗イ・バンウォン(原題)」だ。

父との対立や兄弟の殺害など冷酷な顔を持ちながらも、自らの信念を貫いてきたイ・バンウォンを演じるのが、「善徳女王」(2009年)や「不滅の恋人」(2018年)などの大ヒット時代劇でも知られるチュ・サンウクだ。これまで数多くの名優たちが演じてきたイ・バンウォンというキャラクターにどのようにアプローチしたのか?その役作りに込めた思いをインタビューで語ってくれた。

チュ・サンウクが圧倒的な存在感を放つ本格時代劇「太宗イ・バンウォン(原題)」
チュ・サンウクが圧倒的な存在感を放つ本格時代劇「太宗イ・バンウォン(原題)」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

――「太宗イ・バンウォン(原題)」に出演を決めたきっかけは?

「イ・バンウォンという人物はダイナミックな人生を生きました。ドラマや映画に何度も登場したポピュラーな人物ですが、今回の作品は今までとは違う観点で、彼の人間的な姿や、本当の権威を描いていること、そしてそのイ・バンウォンというキャラクターに魅力を感じて出演を決めました」

――韓国ドラマで今までに沢山の方がイ・バンウォンを演じられました。役作りで特に意識した点は?

「これまではイ・バンウォンの断面的な部分を多く見せていたと思います。イ・バンウォンといえばカリスマがあり、すごく怖い人物というイメージが強いですが、僕は人間味のあるイ・バンウォンを見せることにこだわりました」

――役柄とご自身で似ている点、異なる点は?

「イ・バンウォンは決定的な瞬間の選択が重要となります。しかも早く決断する"決断力"が僕と似ていると思います。違う部分を挙げるとしたら、僕はもともと野心があまり多い方ではないと思うのですが、イ・バンウォンは欲が強く、すごい人物だと思います」

この記事の画像

放送情報

太宗イ・バンウォン(原題) 第1話無料先行放送
放送日時:2022年9月28日(水)21:15~
※レギュラー放送は10月9日(日)より※毎週(日)20:00~(2話連続放送)
「太宗イ・バンウォン」インタビューSP
放送日時:2022年10月6日(木)22:00~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事