梶裕貴が家族を包み込むような優しい声でイルカたちの営みに迫る

「進撃の巨人」のエレン・イェーガー、「七つの大罪」のメリオダスなど、数多くの人気アニメに出演する声優・梶裕貴。柔らかなハイバリトンという声質の彼は、「からかい上手の高木さん」の西片、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の広瀬康一のような少年らしい軽やかなテナーから、「ワンパンマン」の音速のソニック、「僕のヒーローアカデミア」の轟焦凍などで聴かせるクールな低音まで、幅広い音域でさまざまなキャラクターを熱演。中でもバナナの中に潜む不思議な猫たちの日常を描く「ばなにゃ」で披露したキュートなハイトーンボイスは話題を呼んだ。

陽気で親しみやすいパーソナリティーで人気の彼は、冠番組の「梶100!~梶裕貴がやりたい100のこと~」などの声優バラエティー番組などにも数多く出演。2020年は声の仕事に加え、オリジナルアパレルブランドをプロデュースするなど、活動の幅を拡大している。そんな彼がナレーションを務めるのがナショジオ ワイルドで放送の、オーストラリアに暮らすイルカの家族の1年を追ったドキュメンタリー番組「密着!イルカの家族」だ。

(C)Leighton De Barros/Sea Dog TV International Pty Ltd.

舞台となるのは、オーストラリア北西部に位置するモンキーマイアに程近いシャーク湾。さまざまな生き物たちが生息している浅瀬で暮らすイルカの群れは、パックと名づけられた38歳のメスのミナミハンドウイルカと、その子供たちで構成されている。美しい流線型を描くつややかな体と優しい瞳、そして高い知能とかわいらしい鳴き声で世界中の人気者となっているイルカたち。彼らが繰り広げる人間さながらのドラマに満ちた日常に、梶は愛情と自然への畏敬の念がにじむ温かな声で見る者を連れ出していく。

冒頭で、イルカたちが持つ複雑な感情に触れる梶。彼らが仲間に抱く、お互いへの思いやりや怒り、苦悩、そして信頼という人間と変わらない気持ちについて語るシーンでは、映し出されるイルカたちの姿とシンクロするさまざまな思いを言葉に乗せていく。また、満月の夜に赤外線カメラで撮影された海亀の産卵シーンでは、まるでその場にいるかのような臨場感あふれるささやき声で、夏の訪れを告げる大自然の営みに迫る。

(C)Leighton De Barros/Sea Dog TV International Pty Ltd.

イルカたちの繁殖行動にフォーカスを当てたシーンでは、パックの娘・ピッコロが若いオスの集団に取り囲まれ、沖合いにさらわれていく姿も映し出す。家族と引き離されての営みに対し、「野蛮な行為に見えますが、これがイルカのやり方なのです」と、包み込むような優しい声で見る者の心情に寄り添ってくれる。オーストラリアの豊かな海で繰り広げられるイルカの家族の1年間の軌跡を、美しい映像と梶の癒しボイスに浸りながら見届けてほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

密着!イルカの家族
放送日時:2020年1月10日(金)5:00~
チャンネル:ナショジオ ワイルド
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!