Uncle Bomb浪川大輔吉野裕行が体を張ってDJ KOOを笑わせに!

写真左から、Uncle Bombの吉野裕行、浪川大輔
写真左から、Uncle Bombの吉野裕行、浪川大輔

エンタテインメントレーベル「Kiramune」に所属する声優・浪川大輔、吉野裕行によるユニット「Uncle Bomb」。その冠バラエティー「おじさん爆弾」の公開収録(2/26(水)にテレ朝チャンネル1で放送)を兼ねた「Kiramune Presents Uncle Bomb 5th EVENT "5チャンネル"」が、1月25日に千葉・舞浜アンフィシアターで開催された。会場に集まったファンを笑いに包んだ収録の模様をレポートする。

幕が上がると同時に、ニュースキャスターに扮した吉野が登場し「モーニングニュース」からスタート。天気予報の中継をメイク中につなげられるも、カメラが回っていることに気が付かない浪川の姿に、会場から大きな笑いが巻き起こった。

中継がつながってることに気付き、慌てた浪川が何事もなかったかのように予報を始めると「週末は海に出て『ファンキー☆ウェーブ』を楽しんで」と、自身の楽曲を爽やかな笑顔でアピール。一方、"浪川注意報"が発令されると強風で新聞や風船だけでなく、パンツまで飛んでくる壮絶な状況を中継するなど、さまざまな中継で会場を沸かせた。

続いて番組の人気企画「おじ散歩」では、舞浜を中継する浪川が会場の客席入り口から登場。周りのファンから黄色い悲鳴が上がると、「君、いくつよ?」と上機嫌にファンに話しかけ、「全員で『よっちーん!』って呼びかけてください」と何度もステージ上の吉野を誘い、客席通路をUncle Bomb の2人が巡る一幕も。

ひとしきり会場を盛り上げてステージに戻った吉野は「5年できるというのは、皆さまのおかげです」と、結成5周年を迎えたことをファンに感謝。タイトルコールをファンに呼びかけて、「スタート!」の声で会場を一つにした。

幕間映像の「エンジョイクッキング」では、誰でも簡単に作れる3分間クッキングと題し、イメージトレーニングのみしたという、エミコ先生(吉野)がオムライスに挑戦。急いでオムライスを作る姿に浪川が不安を募らせる中、「途中でも時間がきたら終わりなので、完全に3分経ったら出来上がったものを食べてもらいます」と話すエミコ先生の言葉に、浪川が絶句。

3分後、卵がつゆだく状態のオムライスが出来上がり、完成していないと浪川が猛抗議するも、食べた瞬間に「うまいじゃねえか!」と驚きの表情に。見た目は悪いが味を絶賛。エミコ先生考案の"ふわとろオムライス〜TKG風〜"に、会場からは大きな拍手が送られた。

中盤には、巨大な風船を背負った浪川と吉野が問題に挑戦する「おじさんクエスト」を実施。ゲストで登場した"絶対に笑わないおじさん"、DJ KOOを笑わせられなければ風船が膨らみ爆発するという罰ゲームが課される中、こん身のギャグを披露した浪川はあえなく撃沈。

しかし、モノマネ芸人のメルヘン須長や、お笑いコンビ・アイデンティティら芸人軍団が助っ人として登場すると、DJ KOOが笑いを我慢する展開に。風船が膨らみ、いつ爆発するか分からない状況の中、頑なに笑っていないと口にするDJ KOOを相手に、次々と繰り出される芸人のネタに会場は笑いに包まれた。

その後、Uncle Bombによるライブも行われ、最新ミニアルバム『Five Leaves』から新曲6曲が披露された。黄色とピンクのペンライトが会場を包む中、2人はアップテンポな曲で盛り上げ、さらにトロッコで会場を一周する場面も。間近で手を振る姿にファンは歓喜し、会場のボルテージが最高潮に達したまま2人は6曲を歌い上げた。

ラストは、イベントでは定番の曲「一粒の星」を披露。ステージを端から端まで移動しながらファン一人一人に手を振り、「これからも、おじさんたちをよろしくお願いします」と2人は感謝の気持ちを伝えた。声援が鳴りやまない中、「アンコールはないから」と会場を笑いに誘い、最後まで会場を盛り上げてイベントを締めくくった。

この後は、イベント後に行ったUncle Bombへのインタビューを紹介。

この記事の画像

放送情報

おじさん爆弾
放送日時:2020年2月26日(水)23:00~
チャンネル:テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!