小野大輔がサバイバルの達人に!水樹奈々ら豪華声優陣もセレブで登場

写真左から、水樹奈々、小野大輔、ベア・グリルス
写真左から、水樹奈々、小野大輔、ベア・グリルス

サバイバルの達人であるベア・グリルスが各界のセレブを引き連れて、世界各地へ冒険の旅に挑む「ランニング・ワイルド with ベア・グリルス」。人気声優の小野大輔が、ホスト役のベアの声を担当していることでも話題に。そんなネイチャードキュメンタリーの二ヶ国語版が、11月10日(火)よりナショナル ジオグラフィックでスタートする。

ロブ・リグル(写真左)

(C)National Geographic

厳しい大自然に飛び込んだセレブたちは、肉体的にも精神的にも己の限界に挑むことになり、ベアとのやりとりの中でその人間性も明かされていく。第1話には映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のフランクリン役など、俳優やコメディアンとして知られるロブ・リグルが出演し、アイスランドの氷河地帯に挑戦。

リー・ラーソン

(C)National Geographic

以降も映画『キャプテン・マーベル』でキャロル・ダンバース役のブリー・ラーソン(第2話)、映画『スター・トレック』でスポック役のザカリー・クイント(第3話)ら、有名ゲストたちが登場し、無人島やジャングルで極限状態のアドベンチャーを体験する。

ザカリー・クイント(写真右)

(C)National Geographic

大自然の驚異にさらされた彼らは、たき火を前にしたつかの間の休息に安心感を味わい、ベアと会話を交わしながら本当の素顔と人生観をのぞかせる。元海兵隊員のロブ・リグルは9・11直後のグラウンド・ゼロに駆り出された日の様子を、ブリー・ラーソンは女性の権利向上のために戦う強い意志を、ザカリー・クイントは同性愛者であることを告白するきっかけとなった出来事を、ベアに対して打ち明けていく。

(C)National Geographic

そんなベアを演じる小野は、落ち着いたウィスパーボイスで彼らの聞き手として存在感を見せる。「進撃の巨人」のエルヴィン・スミス、「宇宙戦艦ヤマト2199」の古代進、「ブラッククローバー」のウィリアム・ヴァンジャンスなど、そこには仲間を引っ張っていくリーダー的な役が多い小野だからこその懐の広さや安心感がある。

写真左から、喜山茂雄、堀内賢雄

ホスト役の声を務める小野とともに、ゲストのセレブたちの吹き替え声優陣も堀内賢雄をはじめ豪華な顔ぶれが並んでいる。ブリー・ラーソンの声を吹き替える水樹奈々は『キャプテン・マーベル』でも彼女の声を担当。また、ザカリー・クイント役の喜山茂雄も『スター・トレック』で彼の声を当てている。

(C)National Geographic

そうして積み重ねてきた経験もプラスして、実力派声優たちがベアとゲストの口から紡がれる言葉を巧みに表現。セレブたちの人生を切り取った会話シーンは、彼らの声によってずっしりと心に響く濃密なものに仕上がっている。ドキュメンタリーでありながら、上質な人間ドラマに触れたような肌触り。そんな感覚を心に残してくれる。

文=editaholic

この記事の画像

放送情報

ランニング・ワイルド with ベア・グリルス (二ヶ国語)
放送日時:2020年11月10日(火)23:00~
※毎週(火)23:00~
チャンネル:ナショナル ジオグラフィック 未知の自然・宇宙・歴史
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!