鬼頭明里が「安達としまむら」で伊藤美来に初めて会った瞬間「もう友達だよね!」

2人の女子高生の関係が少しずつ変わっていく様子を繊細なタッチで描く、入間人間のライトノベルが原作のアニメ「安達としまむら」。10月よりTBSチャンネル1ほかで放送がスタート。人付き合いは基本的に面倒だと思っている女子高生・しまむらが、ある日、体育館の2階でサボり仲間となる安達と偶然知り合うところから物語は始まる。

今回は、安達役の鬼頭明里にインタビューを通して、演じる上で意識している点などを聞いた。

(C) 2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

――安達役が決定した際の感想をお聞かせください。

「安達は、原作を読んでいても難しいキャラだなと思っていたので、アニメで演じるのがすごく楽しみでもあり、ちょっと怖いなというところもありました。でも、しまむらとの掛け合いは、すごく楽しそうだったのでアフレコは楽しみでした」

(C) 2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

――安達との共通点や、演じる上で意識されている点はありますか?

「音響監督さんからディレクションいただいた、暗くなりすぎないようにという点に気を付けて演じています。安達の性格を原作の印象を反映して表現したら、暗いとか、人と接するのが苦手という感じが強くなってしまったんです。人と話すことは普通にできるけど、自分から積極的に距離を縮めようとしていないだけで、別に暗い子ではないんだというのを意識するようにしていますね。あとは、安達の試行錯誤している感じが、この作品の魅力の1つだと思うので、その部分を出せるよう演じています」

「私と安達は共通点があまりないので、演じる上ではすごく難しかったですね。どうしてこういう気持ちになるんだろう、と感じた時は安達の思いを理解しようと原作を読み返したり、音響監督さんに聞くようにしています」

(C) 2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

――伊藤美来さんがしまむら役を演じると知った際の感想をお聞かせください。

「みっくとは年も近いし、いつか共演してみたいなと思っていました。なので、ようやく会えて、すごく嬉しかったです。初めて会った時は、想像していた通りのカワイイ明るい子だなって思いました。すごく話しやすくて、以前から友達になれそうと感じていたので、会った瞬間『もう友達だよね!』って(笑)」

(C) 2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

――「安達としまむら」の世界に入れたら、どのポジションがいいですか?

「2人が通う学校の教師になりたいですね。安達としまむらの関係にちょっと気づいていて『2人で荷物運んできて』みたいな手助けをして、距離が縮まっていくのを見たいです」

――安達としまむらにとっての体育館2階のように、学生時代にお気に入りスポットはありましたか?

「教室ですね(笑)。あんまり外の教室とか出歩くのは好きじゃなかったんです。人見知りじゃないんですけど、1人でいるところを見られたくなくて。だから、自分の教室がオアシスでした。朝のラッシュを避けるために早く登校していたんですけど、誰もいない教室で1人ぼーっと携帯を見るのが好きでした」

(C) 2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

――舞台は鬼頭さんの出身地の愛知県近郊ですが、「懐かしい」「あるある」と感じる描写はありますか?

「名古屋駅とか私もよく行っていたので『あ、ここ知ってる!』という場所は登場します。安達としまむらのしりとりの中で登場するスガキヤも大好きなので、アニメで宣伝できたことは嬉しかったです(笑)。背景にも愛知県近郊の、のどかな空気感がしっかり表現されているので、そこにも注目してほしいですね」

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

安達としまむら
放送日時:2020年10月19日(月)1:30~
※毎週(月)1:30~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!