水瀬いのり、「おさまけ」キャストに「あらためてはちょっと恥ずかしい(笑)」

二丸修一の人気ライトノベルが原作のTVアニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」(通称:おさまけ)。4月よりAT-Xほかで放送される本作は、主人公・丸末晴が幼なじみの少女・志田黒羽とともに、初恋の相手でもあるクラスメートの美人女子高生作家・可知白草に復讐を企むことから物語が動いていく。彼女いない歴17年な主人公・丸末晴役に松岡禎丞、末晴への愛を公言する"クロ"こと志田黒羽役に水瀬いのり、清楚系クールな学園のアイドル"シロ"こと可知白草役に佐倉綾音、末晴に思いを寄せる若手人気女優"モモ"こと桃坂真理愛役に大西沙織と人気女性声優陣の共演も話題を呼んでいる。今回は志田黒羽役の水瀬いのりに作品への思いなどを聞いた。

――作品をお知りになった際の第一印象、そしてアニメ化をお聞きになった際の感想を教えてください。

「最初に原作小説のPVのお仕事をさせていただいて、それをきっかけに作品を知りました。原作小説を読ませていただいて、青春を謳歌(おうか)する若者のいろんな感情がうごめく作品だなと感じました。単純なラブコメ要素だけじゃなく、だまし合いや、お互い好きなのに駆け引きしちゃうみたいな、そういういじらしさみたいなものもある印象でした。PV第2弾の制作の中でアニメ化すると伺ったので、思っていたよりも早かったので驚くとともに、嬉しく感じました。」

――原作PVに出演された声優陣が再結集すると知った際の感想をお聞かせください。

「それぞれがいろんな役を演じている中で、あらためてこういったラブコメ作品で集うのは、ちょっと恥ずかしさのあるメンバーだなって(笑)。主人公・末晴役の松岡禎丞さんをはじめ、他の作品で苦楽をともにしたり、冒険したり、それぞれの関係性がキャスト陣にもある中で、ちょっと青臭い物語をこのメンバーで演じるのが、私的にはすごく新しい風になりそうな気がしています」

――水瀬さん演じる黒羽と、佐倉さん演じる白草による女子同士のバトルも注目ポイントだと思いますが。

「私と佐倉さんは、今までずっと仲良しな役ばかり演じてきたんですよ。個性が違ってもお互い支え合うみたいなキャラクターばかりだったので、今回は大西さん演じるモモも含めて、普段仲の良い3人がアニメの中ではキャットファイトするんです(笑)。かわいらしく言うとキャットファイトですけど、結構きつめのやりとりをする関係を3人で演じるのは、私としてはすごく違和感があります。だからこそ、どこまでキャラクターに入り込めるかが勝負になる収録なので、アフレコ中はなるべく黒羽として『可知白草と桃坂真理愛という存在が邪魔で仕方ない!』『ハルは私のもの!』という気持ちをどこまで憑依できるか、毎話のクオリティーにも関わってくるので集中して臨んでいます」

この記事の画像

放送情報

幼なじみが絶対に負けないラブコメ
放送日時:2021年4月14日(水)21:00~ほか
※毎週(水)21:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!