水瀬いのりがツアーへの意気込みを語る!「イントロを聞いて『ゾワッ』と感じてほしい」

昨年、横浜アリーナ単独公演を成功させるなど、アーティストとしても人気を博す声優・水瀬いのりが、約3年ぶりに満を持して送り出す4thアルバム『glow』。リリースするにあたり、今回のアルバムがアーティストとしてひとつのゴールになったと語る水瀬は、これまでのアルバム制作とは全く違うものになったという。全14曲を作る中で何を感じたのか、その思いを語ってもらった。

アルバム『glow』への思いを語る水瀬いのり
アルバム『glow』への思いを語る水瀬いのり

――アルバム作りには水瀬さんのさまざまな意見が反映されていると聞いています。制作における苦労や葛藤のようなものは多かったのでしょうか?

「今まではアルバムを作る時に、似た色が集まらないようにバラエティ豊かにしようという考えがあって、好きな曲だけを選んでいくと似たような曲ばかりになってしまうので、それは間違いなのかなと思ったこともありました。でも、新しいことにチャレンジして試行錯誤する中で、例えば可愛いという言葉にもいろんな可愛いがあるように、音楽の中にもいろんな可愛いがあるんですよね。それに気付いた時に、今回入っている『Melty night』という曲は女の子を前面に出した可愛い曲ではなく、背伸びしない等身大の可愛さが表現されていて、私にとっても無理のない可愛さになったというか...。今まではライブでも披露の仕方に悩む楽曲も中にはあり、そういう意味では今回のアルバムはライブする自分が想像できる楽曲ばかりになったなと感じていて、そこが今までのアルバムと大きく異なる部分かなと思っています」

――今回の楽曲は14曲ありますが、背伸びしないという意味では制作においてつまずくことは少なかったのでしょうか?

「そうですね、いわゆる難産的な生みの苦しみみたいなものはなかったですね(笑)。今回はレコーディングでもそれがなくて。今までの方が苦しかったものが多くて、曲をどの方向に持っていくかを見失うレコーディングも結構あったんですけど、(今回は)逆に順調過ぎてある意味で怖いみたいな、『逆境こそレコーディング』みたいなイメージもあったので、歌唱に対してのディレクションがシンプルなことに戸惑いというか不安みたいなものがありました。逆に自分から質問をすることが多くて、そういう意味では田淵智也さんの楽曲はディスカッションが多くて、刺激的だったレコーディングですね」

――田淵さんの楽曲というと「僕らだけの鼓動」ですね。すごく前向きな明るい曲だと感じました。

「田淵さんは今回のアルバムで初めてご一緒させていただいたんですけど、デモの段階から仮歌を入れてくださっていて、きっとこういうニュアンスで歌って欲しいんだろうなっていうポイントが詰まっていました。すごく具体的にディレクションをしてくださるので、田淵さんが求めているものに自分の歌唱を合わせていく作業はすごく新鮮で、田淵さん自身もパッションのある方だったので、レコーディングが始まる前から私の人柄などを聞いて、私らしさを追求した楽曲に仕上げてくださったり、どのくらいまでが私らしいのかラインの線引きを丁寧に行ってくれたので、まるでカレーを作ってるみたいな気分になりました(笑)。どの曲にも言えることではあるんですけど、特に田渕さんの楽曲は田淵さんのサウンドにより見つけていただいた新しい私とこれまでの私が混ざり合い光った楽曲になったと思います。」

――まさに『glow』のテーマに沿った楽曲ですね。今回のアルバムではそういう前向きな楽曲が多かったように思います。

「そうですね、希望があったり、前向きな気持ちになったり、少し哀愁を感じさせる曲でも奈落の底に落ちていくような暗い曲ではなく、そこから這い上がっていくようなイメージだったり。今回も『パレオトピア』という楽曲が試練を乗り越えて虹を見つけるという物語になっているので、楽曲のジャンルは違えど、同じテーマで統一されたアルバムができたなと思います」

この記事の画像

放送情報

水瀬いのり 4thアルバム『glow』
2022年7月20日発売

水瀬いのりの放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事