劇場版SAOプログレッシブのキリトに、戸松遥水瀬いのり「可愛い」「母性をくすぐられる」

写真左から、水瀬いのり、戸松遥
写真左から、水瀬いのり、戸松遥

次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に主人公・キリトの活躍を描いた、川原礫による小説「ソードアート・オンライン」(以下、SAO)シリーズ。その全ての始まり《アインクラッド》編を、ヒロイン・アスナ視点で深く掘り下げながら詳細に描く、作者自身によるリブートシリーズを原作とした『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』が2021年10月30日(土)に公開される。本作はオリジナルキャラクター、アスナのクラスメイト・ミトも登場。今回、アスナ役の戸松遥とミト役の水瀬いのりに本作への思いを聞いた。

――TVシリーズから9年ぶりの《アインクラッド》編となりますが、演じてみていかがでしたか?

戸松「もう一度同じセリフを言うところもあれば、新しく書き下ろされているシーンもあって、懐かしさと新しさの両方がありました。ただ、時系列的には過去に戻っているので、SAOの積み重ねてきた知識や経験値をゼロに戻して、15歳の中学生というところを意識しながら、新作を作るような気持ちで演じさせていただきました」

水瀬「SAOシリーズは私が声優デビューした頃からの人気作品で、いつか出てみたい作品の1つだったので、いざ参加するとなるとすごく緊張しました。今回は1人での収録だったので、既存キャストの皆さんと一緒にアフレコはできなかったんですけど、ヘッドホン越しに皆さんの声を聴いていたので、1人だけど1人ではないような空間の中、念願のログインをすることができました。そして、今回参戦するお話が、シリーズの原点である《アインクラッド》編というところも個人的にはすごく嬉しくて、これまでの自分の思いがミトというキャラクターに凝縮されました。アスナにとって大事になるキャラクターを任せていただけて、本当に嬉しかったです」

――演じるに当たって、どのような取り組みをされましたか?

戸松「年齢的なところを参考にするため、TVシリーズの第1期は見返しました。でも、お芝居の面では同じセリフを前と同じように話す、モノマネにならないようにしたかったので、もう一度作り直すような姿勢で演じさせていただきました」

水瀬「オリジナルキャラクターということもあり、台本を読み込みました。でも、固め過ぎてしまうと、指示やディレクションに対して臨機応変に応えられなくなってしまうので、あまり固め過ぎずにフラットな気持ちでアフレコに臨みました」

――水瀬さんはSAOシリーズ初参加でしたが、収録を終えてみて手応えは感じましたか?

水瀬「劇場で観てくださった皆さんの反応を見て、やっと感じられるのかなと思っています。アフレコ自体は順調に録り終えることができ、ミトというキャラクターに対する自分の演技のアプローチが、間違っていなかったんだなと自信につながりました。長く愛される作品に出演できたことで、自分の財産になったと思っています」

――キリト役の松岡禎丞さんは、当時技量の足りなかったところをブラッシュアップしたかったと語っていますが、戸松さんも同じ気持ちでしたか?

戸松「そこはあまり考えてなかったかな(笑)。でも、TVシリーズと変わらずにもう一度出てくるセリフは意味があると思うので、同じシーンやセリフを演じる時は、その時の見せ方やアスナ視点で見える景色、演出の仕方によって変えながら演じさせていただきました。結果的に前よりもブラッシュアップされているかは、お客さんが決めてくださることだと思うので、今からドキドキしています」

この記事の画像

作品情報

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア
公開日:2021年10月30日(土)

戸松遥、水瀬いのりのスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!