伊藤美来逢田梨香子が姉妹のような感じで!「白い砂のアクアトープ」2人の関係性

写真左から、逢田梨香子、伊藤美来
写真左から、逢田梨香子、伊藤美来

「色づく世界の明日から」でタッグを組んだ篠原俊哉監督とシリーズ構成担当の脚本家・柿原優子、そして制作・P.A.WORKSが新たに手掛ける完全新作オリジナルアニメーション「白い砂のアクアトープ」。沖縄県南城市のちいさな水族館を舞台に、少女たちの夢と現実を美しい映像で描く青春ストーリーとなっている。今回、主人公・海咲野くくる役の伊藤美来、もう1人のヒロイン・宮沢風花役の逢田梨香子にインタビューを行い、作品や演じるキャラクターの魅力などを聞いた。

――作品の第一印象をお聞かせください。

伊藤「舞台である沖縄ならではの空気を感じました。背景はもちろん、キャラクターたちの性格も解放的で、沖縄っぽさがすごく出ていて素敵だなと思います。なんだかちょっと時間がゆったり流れているような感じで、その中で女の子たちが夢に向かって頑張るところがしっかり描かれている作品です」

逢田「台本を読んで映像を見た時、作品全体の空気がすごくゆったりしていて、まるで映画やドラマのような印象を受けました。青春を感じることができる作品であると同時に、18歳にして夢を失った風花のこれからの人生みたいな、重たいテーマも組み込まれています。でも、くくるとの出逢いで風花の新しい人生が始まる、すごく勇気をもらえる作品です」

――ご自身が演じるキャラクターの魅力をお聞かせください。

伊藤「くくるは、すごく元気で明るくて、生き物のことが大好きな子です。館長代理を務めている『がまがま水族館』のことも大好きで、とにかく真っ直ぐですね。真っ直ぐ過ぎて『子供か!』みたいなところもあったりしますが、そんな突拍子もないところも含めて、可愛らしいなと思います。私自身も演じていて、くくるの行動力がうらやましいですね」

逢田「風花は、自分のことよりも周りの人の幸せを考えられる女の子です。最初は、もっと自分の幸せも大事にしてほしいと私は思っていたんですけど、話が進むにつれて『誰かのために』ということが、風花の幸せだということに気付きました。突拍子もないことをしてしまう結構大胆な女の子でもあるので、そのギャップを可愛いなと思っていただけたら嬉しいです」

――キャラクターの関係性についてはどうお感じになりましたか?

伊藤「くくるが、わーっと走って行っちゃうタイプで、それを風花が引き留めるような、妹とお姉ちゃんみたいな関係性だなと思います。アフレコでも『姉妹のような感じでわちゃわちゃして』というディレクションをいただいたりします」

逢田「風花は自分にないものを、くくるがたくさん持っていると感じています。前を向けるようになったのも、くくるの励ましのお陰だと感じていると思います。アフレコに臨むにあたっても、2人の関係性がすごく大事になる作品だと思ったので、私も早く伊藤さんと仲良くなりたいなという気持ちでした」

――本作はくくると風花の出逢いから始まる物語ということで、お2人の出会いと第一印象をお聞かせください。

伊藤「ちゃんとお話したのは、(本作の)第1話のアフレコの時です。私の逢田さんへの第一印象はめちゃくちゃ美人(笑)。どんなお芝居をされるんだろうという、ワクワクもありしました。ただ、私が人見知りなので、最初はどう話しかけたらいいかなって思っていました。最初から落ち着いていて、すごく頼りになるお姉さんだなと感じていますが、今はもうちょっと親近感が湧いて、一緒にゲームの話などもできて嬉しいです」

逢田「会う前から可愛い子だなと思っていたんですが、実際に話してみると、どこかほわほわしていて不思議な空気感の子だなと感じました。でも、私より落ち着いていると思います。アフレコに対して真摯に向き合う姿は、くくると重なって見えますね」

――「夢」がキーワードとして描かれている本作ですが、お2人が叶えたい夢がありましたら教えてください。

伊藤「ずっと犬を飼いたいと言っているんですけど両親が反対していて、弟も犬猫アレルギーなんですよね。ただ、いつか犬と一緒に暮らす夢は、ずっと持っておこうと思います。ちっちゃくてモフモフしている、ティーカッププードルやチワワをお迎えできる日が、いつか来るように祈っています」

逢田「いつか田舎で、のんびりと自給自足生活をしてみたいです。都会は時間の流れがすごく速いなって思うことがあるので、老後は時間がゆっくり流れている場所でスローライフを送りたいですね」

――最後に放送を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。

伊藤「絵がすごくきれいで、音楽も含めて沖縄の癒やされる空間を体験できると思います。その中で一生懸命生きて、夢に向かって頑張っている子たちを応援したくなる作品です。ご覧になる皆さんにとっても、夢と向き合うきっかけになるような作品だと思うので、ゆったりとした気持ちで見ていただけると嬉しいです」

逢田「人とのつながりなど、本当に大切なものがいっぱい詰まっている作品です。今、大変な状況の方たちにも、そっと寄り添ってくれるような物語だと思うので、この作品が多くの方たちにとって素敵な夏の思い出になることを願っています」

文=中村実香 撮影=永田正雄

この記事の画像

放送情報

白い砂のアクアトープ
放送日時:2021年7月12日(月)23:30~ほか
※毎週(月)23:30~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!