神永圭佑らが歌や演技で魅了!ミュージカル『Dance with Devils』

ミュージカル『Dance with Devils』より
ミュージカル『Dance with Devils』より

登場キャラクターたちが、歌を歌って思いを伝えるという異色のミュージカルアニメ「Dance with Devils」。これを舞台化した"デビミュ"こと「ミュージカル 『Dance with Devils』」。2つの異なるエンディングが話題となった再演「ミュージカル 『Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~』」。劇場版のキャラクターも登場する「ミュージカル 『Dance with Devils~Fermata(フェルマータ)~』」と併せて、衛星劇場で放送される。本作では、アニメでおなじみの「我ら四皇學園生徒会」や「マドモ★アゼル」といった楽曲が披露されるのはもちろん、本編後にアクマの歌宴と題したミニコンサートが行われ、ペンライトを振って楽しむこともできる。

615年に1度現れるという魔導書「禁断のグリモワール」を手に入れるよう、父から命を受けたアクマのレムは、同じくアクマであるウリエとメィジ、そして堕天使のシキらと共に人間界へやってきた。名門として知られる四皇學園で鉤貫レムと名乗り、生徒会長として人間のふりをしていたが、あるとき「禁断のグリモワール」の手がかりとなる女子高生の立華リツカと出会う。一方、イギリス留学していたエクソシストの立華リンドは、妹のリツカを守るために帰国。しかし、アクマたちだけでなく「禁断のグリモワール」を求めるヴァンパイアも、彼女を狙って動き出していた。

ミュージカル『Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~』より

(c)グリモワール編纂室/デビミュ製作委員会 (c)グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会

初演から鉤貫レムを演じ続けているのは神永圭佑。「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」の幸村精市役などで知られ、最近では「『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road」にて、原作アプリと同じく神崎颯馬を演じることが決定し、話題となった。本作では、常に表情を崩さないクールなレムが、父からの命令との板挟みになりながらもどうしようもなくリツカにひかれていく様子を丁寧に演じている。激しいアクションをしながらの歌唱シーンも見応え十分だ。

また本シリーズでは、立華リツカはセリフがなく、バレエやマイムで表現するというユニークな手法をとっている。初演では、「ミュージカル『刀剣乱舞』」の髭切役などで知られ、現在上演中の『レ・ミゼラブル』では歴代最年少マリウスに抜擢された三浦宏規が、可憐な少女を表現している点にも注目だ。そしてアニメ版で南那城メィジを演じていた木村昴が、伊崎龍次郎とのWキャストで舞台オリジナルキャラクターのホランドを演じており、アニメファンには嬉しいポイントとなっている。

ミュージカル「Dance with Devils~Fermata(フェルマータ)~」より

(c)グリモワール編纂室/デビミュ製作委員会 (c)グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会

再演「ミュージカル 『Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜』」では、大きなストーリー変更はないものの、リツカと結ばれるキャラクターが異なる2パターンのエンディングを回替わりで上演。新しい楽曲や衣装も追加されている。

2018年の第3弾「ミュージカル 『Dance with Devils~Fermata(フェルマータ)~』」では、EleganteとCalmaという展開が大きく異なる2つの物語を回替わりで上演。劇場版に登場したマリウスがストーリーテラーを務めているほか、ウリエやシキの過去を掘り下げたシーンやこれまでにないコメディ要素溢れるシーンなど、メインキャラクターの意外な一面を見ることができるのも特徴だ。

麗しいアクマたちが織り成す愛の物語を、ぜひ堪能してほしい。

文=中島文華

この記事の画像

放送情報

ミュージカル「Dance with Devils」
放送日時:2019年7月13日(土)23:00~
ミュージカル「Dance with Devils~D.C.(ダ・カーポ)~」
放送日時:2019年7月20日(土)23:00~
ミュージカル「Dance with Devils~Fermata(フェルマータ)~」
放送日時:2019年7月27日(土)23:00~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事