【美女図鑑】佐野ひなこ「"小悪魔"女優が演じて魅せる狂気の美学」

スリリングなアクションドラマで
風変りな天才ハッカー役に挑戦

広井王子原作の「コードネームミラージュ」(4月スタート)で、ドブネズミこと木暮美佳子を演じている佐野ひなこ。ドブネズミは、警察特殊部隊K-13所属の殺し屋・ミラージュ/森山真一(桐山漣)に情報を提供する天才ハッカーだ。彼女に役への取り組み方や本作の魅力などを語ってもらった。

―ドブネズミこと木暮美佳子の役柄と、最初に台本を読んだ時の感想を教えてください。

ドブネズミは過去にサイバー事件を犯して捕まってしまったんですけど、警察の手伝いをさせられている、幽閉されながらやむを得ずハッカーとして活動している天才ハッカーです。台本を読んだときは、まずハッカーという職業は分からないことばかりですし、説明セリフも多いので、どうしよう...と悩みました。

―天才ハッカー役を演じるにあたって、どんな準備をしましたか?

実は"ハッカーの講習会"に参加させていただいたんです(笑)。パソコンがずらっと並んでいて、ハッカーの人たちがカタカタとやっていたり、全世界のどこが狙われているかがわかるマップがあったり、すごいなと思いました。

ハッカーコンテストの優勝者の方に、こういうコマンドがありますよ、とか一から教えていただいて、実際にハッキングもして。ハッカーというと、カタカタカタカタカタッって猛スピードでパソコンを叩く姿をイメージしていましたが、本物のハッカーの方が言うには、あんなに長いコマンドはないそうです。実際は、"カチャカチャ"、"トン"、みたいな。

毎回、ハッキングシーンも所作の指導が入っていて、シーンごとに本当のコマンドを打っているので、そのリアリティに注目してほしいです。

―普段、パソコンは使いますか...?

パソコンに触ったのは小学生以来。小学生のときは携帯電話を持っていない子が多くて、みんな、家にはパソコンがあるからチャットをしたりしていました。中学生になってからはやらなくなりましたが、タイピングだけはすごく速いんです(笑)。

―ドブネズミがハッキングしながらスイーツを食べている姿や衣装も印象的ですね。

ドブネズミはお取り寄せが大好きで、高級スイーツをよく食べています。幽閉されているからリフレッシュのためと、ハッキングで頭を使うから糖分が必要なのかなって。

衣装は、原宿テイストな原色の服とか、ジャージ、コスプレみたいなハワイアンドレスやチャイナドレスなど、バリエーションがすごいです(笑)。

普段はシックな服の方が好きですけど、普段できない格好ができるキャラなので、衣装は毎回楽しみですね。用意された衣装を見て、こういうテンションにしようって引っ張られるところもあるので、重要なアイテムです。

―最後に本作の見どころを教えてください。

ミラージュのアクションなどにCGを駆使していて、ドラマなのにドラマじゃないような、ドラマで楽しめる範囲を超えている作品だと思います。

スピード感溢れる雰囲気の中で私だけのんびりしてますけど(笑)、ドブネズミのシーンが良いアクセントになったらうれしいです。


PROFILE/
さの・ひなこ●'94年10月13日生まれ、東京都出身。読者モデル出身で、'14年に女優デビュー。代表作は「デスノート」('15年日本テレビ系)など。

撮影=宮川朋久 ヘアメーク=ベレッツア スタジオ スタイリスト=後藤仁子

※この記事はヨムミル!ONLINEの転載になります。

この記事の画像

放送情報

コードネームミラージュ

放送日時:2017年4月16日(日)23:15~

チャンネル名:ファミリー劇場

番組説明:

「コードネーム:ミラージュ」と呼ばれるトップエージェントを筆頭に、裏社会の犯罪を処理する使命を背負った警察内特殊部隊「K-13」が暗躍するハードボイルドドラマ。毎週(日)放送。

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!