菅田将暉の女装美男子は今見ても魅力的!東村アキコの原作漫画へのリスペクトに溢れた「海月姫」ワールドの再現度

「海月姫」
「海月姫」

(C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社

数々の人気漫画を生み出しているヒットメーカー・東村アキコ。リアルな描写とコミカルなストーリー、そのダメっぷりも魅力的なキャラクターたちは読者から高い共感を得ている。「東京タラレバ娘」「偽装不倫」「美食探偵 明智五郎」...など、その多くが実写化されている東村アキコ作品だが、中でもユニークな世界観がこれでもかと炸裂している作品が「海月姫」だ。

2010年には第34回講談社漫画賞少女部門を受賞し、名実共に筆者の代表作となった"本格オタク女子漫画"を、能年玲奈(現・のん)、菅田将暉、長谷川博己ら豪華なキャスト陣により実写映画化した『海月姫』(2014年)が、映画・チャンネルNECOで9月2日(金)に放送される。

能年玲奈、菅田将暉ら原作キャラクターの再現度が話題を集めた映画「海月姫」
能年玲奈、菅田将暉ら原作キャラクターの再現度が話題を集めた映画「海月姫」

(C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社

男子禁制の古びたアパート・天水館(あまみずかん)に暮らす倉下月海は、オタク女子友達と共同生活を送っていた。「男を必要としない人生」を信条に、自らを"尼~ず"と称してオタク道を極める風変わりな青春を謳歌している。

ところが、女装美男子・蔵之介と童貞エリート・修の兄弟が現れると、彼女たちのゆるい日常は一変。尼~ずが動揺する中、心の拠り所であるアパートまで強奪されそうになってしまう。自分たちの大切なものや居場所を守るため、尼~ずと蔵之介はタッグを組み、最後の大勝負に出る。

「海月姫」
「海月姫」

(C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社

クラゲオタクの主人公・倉下月海を演じているのが、すっぴんメガネにおさげ姿の能年玲奈(のん)。ダサい服装でも可愛らしいが、自分に自信が持てずに周りの目を気にする、おどおどした素振りも堂に入っていて、ちゃんと冴えないオタクに見える。冒頭のクラゲを助けようと必死になるシーンの再現率の高さも爆笑必至で、もう月海そのものだ。

そして、躊躇のない"変顔"もすごい。大好きなクラゲと向き合う時などに見せる瞳のキラキラ感とのギャップも絶妙だ。尼~ずでゆるいモラトリアムを和気藹々と楽しんでいる表情はあまりにもリアルで、素なのではないかと錯覚してしまう。

この記事の画像

放送情報

海月姫
放送日時:2022年9月2日(金)21:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事