大映の黄金期を支えたスター、勝新太郎の代表作となった「座頭市」「悪名」を振り返る

盲目ながら居合いの達人である座頭市は、勝新太郎の代表キャラクターとなった(『座頭市物語』)
盲目ながら居合いの達人である座頭市は、勝新太郎の代表キャラクターとなった(『座頭市物語』)

(C) KADOKAWA 1962

■シリーズ全26本、リメイクも行われた傑作「座頭市」

今年で創立80年を迎えた大映。その黄金期である1960年代を支えたスターが、「カツライス」と呼ばれた、勝新太郎と市川雷蔵である。勝新太郎は特に「座頭市」、「悪名」、「兵隊やくざ」の三大シリーズで人気を集めたが、その中から「座頭市」3作品、「悪名」6作品が放送される。

勝新太郎の映画デビュー作は、市川雷蔵と同じ『花の白虎隊』(1954年)。ただ雷蔵は主演だが、勝は脇役の一人だった。雷蔵が翌年、『新・平家物語』(1955年)の平清盛役で注目を集め、早くもスター街道を歩んでいくのに対し、勝は白塗りの二枚目役で時代劇に次々出演したものの、大映の大黒柱・長谷川一夫の真似と揶揄され、伸び悩む日々が続く。その彼が自らの個性を見出したのが『不知火検校』(1960年)で、金と権力のために容赦なく人を殺していく盲目の悪党を快演。その不気味でありながらエネルギッシュな演技で異彩を放った彼は、ここで研究した盲人の表現を「座頭市」シリーズで完成させていく。

市が、父の仇を探す若侍・佐川友之進と出会う、「座頭市」シリーズ第12作『座頭市地獄旅』
市が、父の仇を探す若侍・佐川友之進と出会う、「座頭市」シリーズ第12作『座頭市地獄旅』

(C) KADOKAWA 1965

「座頭市」シリーズ第1作『座頭市物語』(1962年)は、子母澤寛の「ふところ手帖」に収められた歴史エッセイが原作。天保の頃、やくざの飯岡助五郎の子分に座頭市と呼ばれる、盲目だが抜刀居合術の達人がいたというもので、原作の市は人を斬っていない。この座頭市の伝説を、脚本の犬塚稔は、市と助五郎と敵対する笹川繁藏方の用心棒・平手造酒をメインに、友情で結ばれた2人が渡世の義理で最後に対決するという、友情物語に仕立て上げた。原作の市は長脇差を使うが、これを仕込み杖に変えて「逆手居合斬り」の名手にしたのは、勝の創案。助五郎の子分たちの前で、シリーズ中初めて市が居合を見せる、燃えるろうそくを縦に真っ二つにする場面は、その居合の速さに驚くこと請け合い。また市と拮抗する剣の腕を持ちながら、老咳に侵されている平手造酒を演じた天知茂の、影のある剣豪ぶりも印象的で、2人の対決は時代劇映画史上に残る名シーンになっている。

好評を得た第1作に続いて、市は第2作『続・座頭市物語』(1962年)では実の兄を、第3作『新・座頭市物語』(1963年)では剣の師匠を斬ることになり、この初期の3部作で座頭市自身の物語は、ひとまず完結。以降は旅先で市が、弱者を助けて悪い親分や悪代官を倒すのが物語のパターンになる。そしてラストに待っているのが、最強の敵との対決だ。今回放送される第12作『座頭市地獄旅』(1965年)では、互いに将棋好きということで旅の道連れになった成田三樹夫演じる浪人と、最後に頭の中で将棋を指しながら対決の機会を窺う、2人が醸し出す緊張感が素晴らしい。

のちにアメリカでリメイクされる、シリーズ第17作『座頭市血煙り街道』
のちにアメリカでリメイクされる、シリーズ第17作『座頭市血煙り街道』

(C) KADOKAWA1967

また第17作『座頭市血煙り街道』(1967年)では、当時殺陣の鋭さではNo.1と言われた近衛十四郎を敵に迎え、勝と近衛が事前に段取りを決めずに斬り合った立ち回りが迫力満点。この作品はルトガー・ハウアー主演の『ブラインド・フューリー』(1989年)として、後にハリウッドでリメイクされている。

生まれ故郷を追われたヤクザ・朝吉が弟分とともに、権力者や偽善者を退治する『悪名』
生まれ故郷を追われたヤクザ・朝吉が弟分とともに、権力者や偽善者を退治する『悪名』

(C) KADOKAWA 1961

■陽気で人間味あふれる侠客を演じた「悪名」

放送情報

座頭市物語
放送日時:2022年11月5日(土)8:00~、17日(木)14:15~

座頭市地獄旅
放送日時:2022年11月5日(土)10:00~、17日(木)16:00~

座頭市血煙り街道
放送日時:2022年11月5日(土)11:45~、17日(木)17:40~
チャンネル:WOWOWプラス

悪名
放送日時:2022年11月3日(木・祝)9:20~、11日(金)17:00~

続・悪名
放送日時:2022年11月3日(木・祝)11:10~、17日(木)7:10~

新・悪名
放送日時:2022年11月3日(木・祝)12:55~、22日(火)17:20~

続・新悪名
放送日時:2022年11月3日(木・祝)14:45~、25日(金)17:10~

第三の悪名
放送日時:2022年11月3日(木・祝)16:35~

悪名市場
放送日時:2022年11月4日(金)18:50~
チャンネル:日本映画専門チャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事