仁志敏久が世界野球プレミア12の見どころ指南!「菊池源田の二遊間を見たい」

11月は、WBSC世界ランキング上位12の国と地域が参加する「WBSCプレミア12」、各国若手の登竜門「アジアウインターベースボールリーグ」といった国際舞台での試合が控えている。侍ジャパンのコーチ経験がある仁志敏久に見どころを伺った。

短期決戦となるプロ野球の国際大会の難しさはどこにあるのか。まずは、一流プレーヤーたちが集う侍ジャパンでの選手起用について聞いた。
「ショートに坂本勇人(巨人)と源田壮亮(埼玉西武)がいるなどポジションがかぶりますが、稲葉篤紀監督の頭の中ではもう起用方法は決まっているんでしょう。例えばセカンドの場合、打線を考えて"より攻撃的にいくなら浅村栄斗(楽天)か山田哲人(東京ヤクルト)"という感じの選択かなと。個人的には菊池涼介(広島)と源田の二遊間を見てみたいですね。投手陣では千賀滉大(福岡ソフトバンク)が中心になるでしょう。山岡泰輔、山本由伸(共にオリックス)など、若い選手は代表に選ばれたことへの気持ちの面でも期待しています」

次に短期戦で重要なこととは何か。
「ゲーム前のプラン作りです。投手はもちろん、野手についてもいろんな角度から起用法を考えます。試合中の流れで選手を変えていくと、どうしても後手に回ってしまいます。選手側の準備も大切ですね。日本人選手は、特殊な間合いを持つ中南米の投手に戸惑ってしまうケースが多いんです。それでもやはり先手を打つこと。ボールを見ることも大事ですが、積極的に打ちにいくことがより重要です。今大会は日本以外の国の"オリンピック出場権"が懸かっているので、特に中南米のチームは国の威信を懸けて試合に臨んでくるでしょう。日本に挑んでくるアジア勢も侮れません」

11/23(土)からは、若手選手の登竜門「アジアウインタベースボールリーグ」(AWB)が開幕。代表に選出された山田哲人、吉田正尚(オリックス)など、AWBを経験した後に急成長した選手は多い。
「AWBに参加する最大のメリットは、誰も守ってくれない環境で試行錯誤すること。普段のプレーとは違って、孤独感に打ち勝ちながら結果を出さないといけない。ここで自立ができた選手は、確実に強くなります」

文=大小田真 写真提供:J SPORTS(仁志敏久)

この記事の画像

放送情報

【侍ジャパン出場!】2019 WBSC 世界野球プレミア12「日本×ベネズエラ」
放送日時:2019年11月6日(水)00:00~
チャンネル:J SPORTS 1

2019アジアウインターベースボールリーグin台湾
「NPBレッド×社会人野球選抜」
放送日時:2019年11月23日(土)12:55~
チャンネル:J SPORTS 2

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!