AKB48グループNo.1の歌姫がいよいよ決定!決勝戦に臨む20人のメンバーを紹介!【後編】

写真左から 歌田初夏(AKB48)、横山結衣(AKB48)、神志那結衣(HKT48)
写真左から 歌田初夏(AKB48)、横山結衣(AKB48)、神志那結衣(HKT48)

1月11日(金)、「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会がTBS赤坂ACTシアターで開催される。これは、"AKB48グループの中で一番歌唱力があるメンバー"を、歌の力だけで競う新プロジェクトで、昨年行われた予選で、20人が決勝進出を決めた。決勝大会では、それぞれが選んだ歌唱楽曲2曲のうちのどちらかを歌い、最終決戦に進んだメンバーのみ、もう1曲を歌うことができるというシステムになっている。今回は予選11位から15位までの5人、そして審査員推薦枠で選ばれた6人の決勝大会での歌唱楽曲と意気込みをお届けしよう。

【前編はこちら】

予選11位 横山結衣(AKB48)
<決勝戦歌唱予定曲>
「ENDLESS STORY」伊藤由奈
「丸の内サディスティック」椎名林檎

予選11位は3人が同じ得点で並んだ。まず1人目は横山結衣(AKB48)。チーム8の「蜂の巣ダンス」でセンターを務めるほか、昨年11月に放送された「ミュージックステーション」で「NO WAY MAN」のセンターに抜擢されるなど、歌もダンスも定評がある。予選でも宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」をしっかりと自分の曲にしていた。決勝では伊藤由奈の「ENDLESS STORY」と椎名林檎の「丸の内サディスティック」をセレクト。その強い個性を発揮しそうな予感が。
「決勝に進むことが出来て本当に嬉しく思っています。予選大会では、緊張して自分の力を出し切れなかったので、本戦は楽しんで歌いたいです。歌うことが大好きなので楽しんで歌う私を皆さんに見ていただきたいと思います」

予選11位 歌田初夏(AKB48)
<決勝戦歌唱予定曲>
「碧いうさぎ」酒井法子
「センチメンタル・ジャーニー」松本伊代

11位2人目は歌田初夏(AKB48)。4位の坂本と同じく、森高千里の「渡良瀬橋」を予選で歌い、その美しい歌声に対して大きな反響があった。12月16日に開催された「AKB48紅白対抗歌合戦」で、予選2位の立仙と「Amazing Grace」を歌い、美しいハーモニーで会場を沸かせたのも記憶に新しい。決勝大会の楽曲として酒井法子の「碧いうさぎ」と松本伊代の「センチメンタル・ジャーニー」を選んでいる。
「決勝までの期間、悔いのないように練習して、自信を持って、自分の個性を生かして歌えるように、優勝目指して頑張ります!そして今の私の歌声をたくさんの方に聴いてもらって、これからの私の成長も見ていてくださるとうれしいです」

予選11位 神志那結衣(HKT48)
<決勝戦歌唱予定曲>
「木蘭の涙」スターダスト☆レビュー
「異邦人」久保田早紀

そして11位3人目は神志那結衣(HKT48)。予選では大塚愛の「プラネタリム」をまっすぐ前を見据えて、優しい歌声を聴かせてくれた。決勝では、多くのアーティストもカバーしているスターダスト☆レビューの「木蘭の涙」と異国情緒あふれる久保田早紀の名曲「異邦人」を選曲。
「人前で歌った時に、思い切り裏返ってしまったことがあるんです。その時から人前で歌うことに少しトラウマがあるんです。今回の決勝戦で、自信をつけられればいいなと思っています」

予選14位 高柳明音(SKE48)
<決勝戦歌唱予定曲>
「金魚花火」大塚愛
「悲しみがとまらない」杏里

14位も同得点で2人が並んだ。1人目は高柳明音(SKE48)。予選で、加藤いづみの「好きになって、よかった」を歌い、ツイッターで「心の奥にグンと届きました」と本人からリプが届いていた通り、感情のこもった歌声が大きな魅力となっている。決勝では、大塚愛の「金魚花火」と杏里の「悲しみがとまらない」を歌唱楽曲に選んでいる。
「歌うことはもちろん好きですが、物語の、詩の表現者になりたいなと思っていて、聴いてくれる方の胸に残る歌を歌えたらいいなと思っています。SKE48に入って10年、まだソロ曲はありません!!このチャンスを味方に獲りに行きたいです!」

予選14位 秋吉優花(HKT48)
<決勝戦歌唱予定曲>
「366日」HY
「レイニーブルー」徳永英明

そしてもう1人の14位は秋吉優花(HKT48)。ギターの弾き語り動画をSNSにアップするなど、歌が好きだということはファンには周知の事実。予選でSuperflyの「愛を込めて花束を」を生き生きと歌っており、決勝大会ではHYの「366日」と徳永英明の「レイニーブルー」を選んでいる。
「本気で1位を目指します。音楽を聞いて、ギターを弾いている時間が今1番幸せで、音楽に支えられて勇気付けられて生きていると感じるので、次は私も誰かの支えになるような歌を届けたいです。自分を信じて、決勝で全ての気持ちをぶつけたいと思います!」

予選の上位15人はここまで。2位が抜けているが、アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」を歌った小田えりな(AKB48)が表現力豊かな歌声で高得点を叩き出し、決勝へ!となるところが、残念ながら出演舞台の日程と重なっている関係で決勝大会は断念。予選前からそれはわかっていたことだったが、全力を尽くし、2位となった。その努力を無駄にしないよう、プロデューサーが配慮し、事前収録したDREAMS COME TRUEの「何度でも」を歌った映像をエキシビションとして決勝大会当日に放映することが決定している。

この記事の画像

放送情報

AKB48グループ歌唱力No.1決定戦「決勝」
放送日時:2019年1月11日(金)18:30~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事