先輩K-POPグループの中にいても輝く!チャン・ウォニョン宮脇咲良IZ*ONE(アイズワン)が見せた成長の証

日本2ndシングル「Buenos Aires」の6月26日(水)リリースを間近に控え、初パフォーマンスを披露した音楽番組「シブヤノオト」(NHK)への出演が話題を呼んだIZ*ONE。情熱的なラテンサウンドはもとより、オーディション番組「PRODUCE 48」では11位通過だったキム・ミンジュの初センター起用など、新曲での意外性のあるチャレンジが、連日メディアを賑わせている。

メンバーの個性を生かしたメディア露出といい、洗練されたビジュアルといい、デビューからまだ1年にも満たない新人グループとは思えないポジションを確立した彼女たちだが、その劇的な成長ぶりをたっぷりと堪能できる番組が、6月25日(火)・27日(木)にMnetにて放送される「KCON 2019 JAPAN」(5月17~19日開催/幕張メッセ)関連の字幕版放送だ。今年のKCONの出演アーティストの中でも、出番の数は最も多かったといえるIZ*ONEが、来場した日本のファンの前でどのような表情を見せていたのか?レア写真のギャラリーと共に、彼女たちのパフォーマンスの数々をステージやブースごとに切り取ってみた。

「KCON GIRLS」に登場したIZ*ONE

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■ウォニョン「ビューティー・アイコンになれたのはみなさんのおかげ」(5月17日/「KCON GIRLS」にて)

KCON初のスピンオフ企画として、今年度よりスタートした「KCON GIRLS」初日3組目のステージに姿を見せたIZ*ONE。韓国のファッションやビューティーに焦点を当てた企画で、このステージにあがる直前には、人気コスメブランド・colorgramTOK(カラーグラムトーク)のブースにもサプライズ訪問していた彼女たち。最年少センターであるチャン・ウォニョンが「ファンのみなさんが愛してくれたおかげで、"ビューティー・アイコン"になれました」と話していたほか、メイクのポイントなども伝授!IZ*ONEメンバーたちが、コンベンションエリア内を歩いて移動していたため、あちこちから悲鳴が上がっていたのが印象的だった。

(写真左より)チャン・ウォニョン、宮脇咲良

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■スペシャルMCに奈子も登場!ラストの「PICK ME(NEKKOYA)」に大喝采!(5月17日/「M COUNTDOWN」にて)

レッドカーペットに続いて、初日の「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」でも存在感を発揮していたIZ*ONE。その理由の一つが、スペシャルMCをリーダーのクォン・ウンビ&矢吹奈子、イ・チェヨン&キム・チェウォンの2組が担当したこと。ネイティブの奈子だけでなく、ウンビやチェヨン、チェウォンも日本語で展開する軽妙なMCに、会場内もしだいにヒートアップ!

「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」初日のステージ

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

IZ*ONEとしては"トリ"に登場し、「AIR PLANE」「La Vie en Rose」「Violeta」とヒットナンバーを次々に披露した。途中、ウォニョン組と咲良組の2組に分かれ、ゴンドラで会場内を周回する場面があり、「サクラ~!!!」とメンバーを叫ぶ歓声も。ラストには、一度聴いたら耳から離れない中毒性のある「PRODUCE 48」のテーマ曲「PICK ME(NEKKOYA)」で、"ネッコヤ"コールと共に、初日のステージを締めくくった。

ゴンドラにのって客席を回るIZ*ONEメンバーたち

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ゴンドラにのって客席を回るIZ*ONEメンバーたち

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■GAMEのプレイ中を再現した宮脇の"真顔"に爆笑!(5月19日/「MEET&GREET」にて)

「MEET&GREET」

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ファンとの交流の場であるKCONの「MEET&GREET」(通称:ミーグリ)に、IZ*ONEも初参加!それぞれ得意のポーズを披露するコーナーの中で、"GAMEのポーズ"というお題が与えられた宮脇咲良。「本当にやるの~」と苦笑いしつつも、真顔でキーボードを打ちまくるガチなポーズに会場は大爆笑だった。

「MEET&GREET」でのダンスパフォーマンス

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

手足が長い!スタイル抜群のチャン・ウォニョン

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「M COUNTDOWN」よりはるかに近い位置でパフォーマンスが楽しめるとあって、会場内の視線がメンバーに注がれる中、「PICK ME(NEKKOYA)」や「RUMOR」のダンスが披露されると、「PRODUCE 48」時代を知るファンも大喜び!また、抽選で選ばれたファンとのハイタッチ会も催され、IZ*ONEメンバーの愛嬌たっぷりの素顔が垣間見れたミーグリに場内も大満足の様子だった。

「MEET&GREET」のハイタッチ会

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■宮脇の手書きメッセージも!ブース内をサプライズ訪問(5月19日/コンベンションエリア・IZ*ONEブースにて)

コンベンションエリア内の「WE ARE K-POP」ゾーンには、KCONに参加したK-POPアーティストのブースがズラリ。中でも、ピンクのバルーンで彩られたIZ*ONEのブースはひと際大きく、完売続出の公式グッズ販売コーナーや、等身大のポスターが壁一面に貼られた写真撮影コーナーもあり、ファンが列をなしていたのが印象的だった。

IZ*ONEブースを訪れたメンバーたち

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ミーグリ後には、メンバーたちがIZ*ONEブースをサプライズ訪問!事前のアナウンスがなかったこともあり、付近にいたファンたちのリアクションが凄まじく、一瞬でブース周辺は大混雑に...。わずかな滞在時間だったものの、等身大ポスターの周辺にファンへのメッセージを描いたほか、ポスターの真ん前で"本物"が写真撮影に応じていた。

宮脇咲良が描いたメッセージも!「KCON、楽しんでるかな??今日で、IZ*ONEをもーっと好きになってくれたらうれしいな さくら」

■TWICEにも引けを取らない、"ルーキー"IZ*ONEへの大歓声!(5月19日/「M COUNTDOWN」にて)

「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」最終日のステージ

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

【関連記事】IZ*ONE(アイズワン)、PENTAGON、TWICEら豪華共演!大絶叫のM COUNTDOWNライブをピックアップ

「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」のエンディング

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「KCON 2019 JAPAN」では、「PRODUCE 48」時代の楽曲やエピソードはもちろん、常に変貌し続けているIZ*ONEたちの最新状況まですべてを網羅し、応援しているファン層の充実ぶりに改めて驚かされた。特にデビュー当時14歳だった最年少チャン・ウォニョンをはじめ、強い意志のもった大人の女性へと徐々にイメチェンを図っている宮脇咲良ら、その著しい成長段階には目を見張るものがある。漆黒の衣装に身を包み、より一層艶やかな印象を与える「Buenos Aires」のリリースは、一体どのような反響を呼ぶのか?今から楽しみでならない。

IZ*ONEの原点!「PRODUCE 101」最新シリーズ「PRODUCE X 101」も進行中!

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

文=HOMINIS編集部

IZ*ONEのニュース、コラムはこちらから!↓↓

この記事の画像

放送情報

KCON 2019 JAPAN コンベンションガイドSP
放送日時:2019年6月25日(火)18:00~
KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN 字幕版
放送日時:2019年6月27日(木)23:15~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事