20th Centuryが初冠バラエティの意気込みを語る「『テレビのやり方、忘れちゃった』ってなるくらいまでゆるくいけたら」

20th Century
20th Century

坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による20th Centuryの新番組「トニセンロード~とりあえず行ってみよ~」がスタートする。

同番組は、"トニセン"の3人が行く場所、することを全て決め、自分たちのやりたいことを実現していくロケバラエティ。初回はバイクで千葉をツーリングし、最初の目的地である「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を目指す。

今回、3人に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」のミーティングルームでインタビューを行い、番組についてや初回のロケの感想、素になる瞬間などについて語ってもらった。

――3人のやりたいことをやっていくという番組が始まります!今の心境は?

長野「ここ(ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京)は『こんなのできたんだ!』って思っていてずっと行きたかったので、今日番組で連れて来てもらってよかったです」

井ノ原「長野くんは明確に行きたいところがあったんですけど、僕と坂本くんは別にやりたいことがなくて...(笑)」

坂本「逆に言えば、"引き算"の番組ですよね。『いっぱいいろんなことをやってみよう!』じゃなく、(多くの候補の中から)『これはやらない、これもやらない』で、『残ったやつをやってみようか』っていう(笑)。『これをやる』というかたちを作らずに、その時々で気になったところに立ち寄っていくという感じです」

井ノ原「行先として決まっていたのはここだけで、あとは本当に何も決めていないので、やっていて"何でもできる"ということ自体が楽しみですね!」

――"トニセン"だけのロケ番組自体すごく珍しいですよね?

井ノ原「3人でロケというのはCDの特典映像くらいで、今までないんじゃないかな?」

坂本「それくらいだね」

井ノ原「だから、ちょっと新鮮な感じはありましたね」

2人「確かに、今までないから新鮮だった!」

――そんな初の試みであろう同番組の見どころや意気込みは?

坂本「俺たちにしか出せない空気感と、自由気ままに遊んでいる姿を観ていただけるので、何も考えずに楽に観られるんじゃないかなと。"ながら見"できるし、"ながら見ない"ことも!(笑)」

長野「何をやるかあまり決めないからこそ、何かが起こりそうな雰囲気を3人から感じていただけると思います。あと、3人でのロケもそうだけど、3人でバイクに乗っている姿というのも初公開だと思うので、そういった新鮮なところがいろいろと垣間見えると思います」

井ノ原「ロケをしていて、(カメラを意識した動きをするなど)ついついテレビの(演者としての)ルールを守ってしまいそうになるんですけど、そんな職業病みたいな意識はできるだけ忘れて、最後の#12くらいには『テレビのやり方、忘れちゃった』ってなるくらいまでゆるくいけたらなって思っています」

――#1では最初の目的地となる「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を目指してツーリングをされましたが、ロケの感想は?

長野「本当に天気が良く"バイク日和"に乗れたので、すごく気持ちよかったです!」

坂本「僕は20年以上ぶりくらいの久しぶりのバイクだったので、運転中はずっと緊張してましたね。ウインカーがなかなか戻らず...(苦笑)」

井ノ原「僕もバイクはほとんど乗らないので、楽しかったです。道中、看板のないパンのマークだけのお店を見つけて気になったんですけど...」

2人「気になったよね。あれは、そそられる!」

井ノ原「ただ、ここの予約時間があって、『ポルシェと天秤に掛けたら、ポルシェでしょう』ってことで寄れなかったんですけどね(泣)」

長野「あと、単線の両側に菜の花が咲いているところがあって、写真撮りたいなって思ったんですけど、『ポルシェがぁ~!』ってなって寄れませんでした(笑)」

――皆さんの素顔が垣間見えるところが見どころの一つだと思いますが、普段の生活でふと素に戻れる瞬間は?

井ノ原「本番とそれ以外もそんなに変わらないと思うんですよね。しゃべっていることも収録中も楽屋も一緒だし...」

長野「(仕事もプライベートも)なんかつながっちゃってる感じがあるよね」

坂本「(仕事の)オン・オフはもちろんありますけど、もしかしたら素に戻る瞬間は"トニセン"と一緒にいる時かもしれないです。何も考えずにしゃべれるし、適当なことを話しても受け止めて返してくれるので、意外と素かもしれない」

井ノ原「『こういう趣旨のことが言いたかったんだよね?』って、通訳的な感じにもなったりしてね(笑)」

坂本「そうそう!」

――最後に視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

坂本「なんか1回観ちゃうと、つい観ちゃうみたいな空気感が出ていると思うので、その辺を楽しんでもらえたらと思います」

長野「観ようと思って観ても楽しめるし、なんとなくつけていても観られるような雰囲気だと思うので、本当にいろんな方に観ていただきたいです」

井ノ原「なんかもう、楽しいこといっぱいしたいんですよ。これまでも楽しいことをしてきたんですけど、楽しくしようとしてきたこともあって。だから、これからは楽しくなかったら良くないなと思うし、周りのスタッフさんが楽しそうにしているのを見るのも好きなので、できるだけ楽しいことをしている僕らの姿を見て楽しんでいただけたらと思います」

文=原田健

この記事の画像

放送情報

トニセンロード~とりあえず行ってみよ~ エピソード0
配信日時:2022年3月30日(水)23:30~
※配信スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事