≠ME・永田詩央里の最近の感動エピソードに鈴木瞳美あぜん「高2だよね?」

写真左から 永田詩央里、鈴木瞳美
写真左から 永田詩央里、鈴木瞳美

≠MEの冠バラエティ番組「≠ME 先輩、も~っと教えてください!!」が4月15日(金)放送回より内容をリニューアルする。

アイドルとして成長していくために先輩ゲストからさまざまなことを学んできたメンバーが、2年目突入を機に「もっと≠MEを発信していく」をコンセプトにさまざまなことにチャレンジしていく。4月15日(金)の放送では、河口夏音、川中子奈月心、櫻井もも、鈴木瞳美、永田詩央里の5人が、「目指せ!日本代表」と題して、日本代表になれそうなマイナースポーツに挑戦。まずは、「野球のフライキャッチ」「サッカーのシュート」「ラグビーのトライ」などで運動神経をチェックした後、フライングディスクを使用するマイナースポーツ「アルティメット」に挑む。

今回、収録を終えた鈴木と永田にインタビューを行い、ロケの感想やマイナースポーツにチャレンジした感想などについて語ってもらった。

――久しぶりのロケはいかがでしたか?

永田「私はこの番組のロケが初めてで、他のメンバーが花園神社に行っていた回を見て『いいな~』って思っていたのですごくうれしかったです!」

鈴木「私もスタジオの外に出たのが初めてでうれしかったです。あと、内容がリニューアルする1回目に呼んでいただけたことも!」

永田「今回はフットサルコートで収録させていただいたのですが、フットサルコートも初めてで『ドラマとか様々な番組でよく見ていた本物だ!!』と感動しました」

鈴木「かわいい~!」

――鈴木さんはキャプテンという役割でしたが?

鈴木「(運動系の企画ということで)『私がキャプテンで大丈夫かな?』という不安な部分もあったんですけど、頼もしいメンバーが支えてくれて楽しく収録できました」

永田「ひぃちゃん(鈴木)の声ってピシッとまとめてくれる感じがあって、本番では『(頼りなさを責める語調で)キャプテン~』って言ってみたのですが、心の中ではとても頼って収録していました」

鈴木「運動が全然得意ではないので、最初に聞いた時は『なんで私がキャプテン?』って思ったんですけど、声の響きがいいからだったんだね(笑)。なっちゃん(河口)以外みんな年下で、若さとなっちゃんの元気さに救われてなんとか乗り切ることができました」

永田「運動の面ではちょっと親近感を覚えたんですけど(苦笑)、キャプテンとして1番に動いてくれていたり、みんなを引っ張ってくれ、すごく『頑張るぞ!』って思えたので、これからひぃちゃんには頭が上がりません。最近、ひぃちゃんはなぜかメンバーに対して親目線の発言が増えてきて、そういったところからもキャプテンらしさが出ていたのかなと思いました」

鈴木「なんだか20歳を超えてからメンバーがすごく愛おしくなりました!私の中では、メンバーは結成当時の年齢で止まっている感覚だから、ちーたん(永田)とか中学3年生で止まっているので、大きくなったとはいえ『かわいいな』って思うことが多いです。みんなが素を出すようになってからより感じるので、『かわいい!かわいい!』と言っていたら、そんな印象を持たれるようになりました」

――運動神経チェックはいかがでしたか?

鈴木「うーん...。ここの2人はあんまり...(苦笑)」

永田「私はサッカーのシュートは完全にイメトレができていたのですが...。すごく恥ずかしかったです。頭ではもっとできると思っていたので、まさかあんなことになるとは思いませんでした」

鈴木「私は球技が本当に苦手で...。突き指が怖くて、ボール自体が怖いです(泣)。今日も頑張ってチャレンジしたのですが、改めて球技との相性の悪さに気付きました」

放送情報

≠ME 先輩、も~っと教えてください!!#25
放送日時:2022年4月15日(金)22:30~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事