≠ME・櫻井ももが明かす「一人でこっそりやっていること」に、河口夏音川中子奈月心が絶句

写真左から 河口夏音、川中子奈月心、櫻井もも
写真左から 河口夏音、川中子奈月心、櫻井もも

≠MEの冠バラエティ番組「≠ME 先輩、も~っと教えてください!!」の4月29日(金)放送回では、河口夏音、川中子奈月心、櫻井もも、鈴木瞳美、永田詩央里の5人がマイナースポーツに挑む。

同番組は、アイドルとして成長していくために先輩ゲストからさまざまなことを学んできた≠MEが、2年目突入を機に「もっと≠MEを発信していく」というコンセプトで内容をリニューアル。これまで番組で学んだことを生かして、さまざまなことにチャレンジしていく。

4月29日(金)の放送では、前回に引き続き5人が「目指せ!日本代表」と題して、日本代表になれそうなマイナースポーツに挑戦。スウェーデン発祥の薪投げスポーツ「Kubb(クッブ)」や、「いかにしてカッコよく座れるか」を競う「Hockern(ホッカン)」を体験。「Hockern」では、河口が個人的にハマっていることが判明し、メンバーに同競技を教えるために登場したハラコが「女の子でホッカンをやっている人、初めて見ました!」と仰天する。

今回、収録を終えた河口、川中子、櫻井にインタビューを行い、ロケの感想やマイナースポーツにチャレンジした感想などについて語ってもらった。

――久しぶりのロケはいかがでしたか?

川中子「この番組のロケは今回で2回目なのですが、どちらにも参加できたことがうれしいです!スタジオとは違った環境なので、すごく新鮮でした」

河口「私も2回目のロケだったのですが、スタジオと比べるとたくさん動けるので、いろいろなことができるなと感じました。でもスタジオはスタジオで気持ちが落ち着くので、どちらにも良さがあるなと思いました」

櫻井「私は活動を再開させていただいて初めての出演だったので、今日の収録をすごく楽しみにして来ました。本当にバラエティ番組が大好きで『もっとバラエティ番組に出られるアイドルになりたい』って思っていて、グループの番組というアットホームな雰囲気の中で『みんなと一緒に、もっと自分を出していきたい』という思いがあるので、気合を入れて頑張りました!」

――櫻井さんは久しぶりの番組出演でしたが、緊張やプレッシャーなどはありましたか?

櫻井「1年以上お世話になっている番組なので、緊張とかプレッシャーは全くなく心から楽しんで取り組めました。メンバーもガツガツ系ではなく穏やかで優しい子ばかりですし(笑)」

――挑戦したマイナースポーツはいかがでしたか?

川中子「『Kubb』は競技名を聞いただけだと、どんなスポーツなのか全く想像がつかなかったのですが、やってみたら意外と動きはシンプルでした!でも、競技内容はいろんなルールがあって面白くてハマりました。今日が初めてだったので、もっと練習して投げ方のコツをつかんだらもっと面白いんだろうなと思いました」

櫻井「私も『Kubb』は楽しかったです。競技について教えてくださったオテンキ・のりさんが(対決した試合で)私たちのことをちゃんとライバル視してくださって、本気で対決できたのでより楽しめました。ただ、もっと仲良くなりたかったので、今度はみんなで協力してプレーしたいなって思いました」

河口「私は、(ハラコからお墨付きをもらって)『Hockern』日本女子1位ということで!(笑) でも、肩書だけでまだ全然実力が伴っていないので、これからどんどん難易度の高い技を修得していけたらと思います。実は撮影の合間にハラコさんに技を教えていただいたので、お家で練習していつかライブで披露できたらなと思いました」

――ハラコさんも河口さんが「Hockern」プレーヤーであることに驚かれていましたが、どのようないきさつで「Hockern」と出合ったのですか?

河口「元々マイナースポーツに興味があって、『何かしら始めたいな』と思って調べた中で『Quidditch(クディッチ)』と『Hockern』が気になったんです。『Quidditch』は一人ではできないのですが、『Hockern』は(競技用の専用の)椅子さえあればできるので、ちょっと大変だったのですがドイツから椅子を入手して始めました。今は自分で動画を見ながら自宅で練習しています」

放送情報

≠ME 先輩、も~っと教えてください!!#26
放送日時:2022年4月29日(金)23:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事