≠ME・蟹沢萌子河口夏音鈴木瞳美が明かす自身のあるあるで、知られざる一面が判明!

写真左から 河口夏音、鈴木瞳美、蟹沢萌子
写真左から 河口夏音、鈴木瞳美、蟹沢萌子

≠MEの冠バラエティ番組「≠ME 先輩、も~っと教えてください!!」では、メンバーが「もっと≠MEを発信していく」をコンセプトにさまざまなことにチャレンジ中。

5月13日(金)放送の#27では、蟹沢萌子、河口夏音、鈴木瞳美、冨田菜々風、本田珠由記の5人が「耐久企画」に挑む。遠足企画だと聞いて集まったメンバーたちは、突然遠足企画が中止になったことを知って落胆する。そして、急きょ「耐久企画!ノイミーあるある50個出るまで終わりません」を行うことに。始めは次々と"ノイミーあるある"を発表していくが、次第に勢いが失われていき、まさに"耐久"の様相を呈していく。

今回、収録を終えた蟹沢、河口、鈴木にインタビューを行い、収録の感想や自身の"あるある"、耐久エピソード、遠足で行きたいところなどを語ってもらった。

――「耐久企画」の名にふさわしい収録でしたが、感想は?

蟹沢「最初、『50個って、ちょっと頑張れば出てくるんじゃないかな』と思っていたら、想像以上の過酷さがありました。でも、こういうかたちで自分たちのことについて話すことは初めてだったので、自分たちでも自分たちのことを知れたいい機会になりました。遠足企画が中止になって、突如この企画をやらせていただいたのですが、今日この企画ができてすごく良かったなと思います」

河口「普通の"あるある"を考えるのも大変だったので、おもしろい"あるある"を思いつく芸人さんのすごさを改めて感じた収録でした。あと、(発表した"あるある"をホワイトボードに書き出していく)書記をさせていただいたのですが、正しい漢字が書けるか不安だったのですが、ある程度書けてよかったです(笑)」

鈴木「個人の"あるある"なら結構出てくるのですが、"グループの"となるとなかなか思いつかなくて...。途中の(電話出演した)菅波美玲と川中子奈月心には本当に助けられました。他の番組などで"帰れない企画"をよく観るんですけど、"あるある"を考えるだけでもこんなに大変だったので、ランキングを当てたりしている皆さんは本当にすごいなって実感しました...(笑)」

――今回は"ノイミーあるある"を発表されましたが、皆さんそれぞれの"あるある"を教えてください。

鈴木「私は尾木波菜に写真を撮ってもらいがちです。メンバーそれぞれ好み角度とか画角があって、撮ってもらう時は『この辺から、ここで、この角度で』というのを教えて撮ってもらうんですけど、尾木波菜と私はお互いにお互いの好きな画角を理解しているので、すぐに撮ってもらえるので頼むことが多いです。『これはTwitter用。これはInstagram用』というふうに撮り分けてくれます!」

河口「私は(ある個所だけを動かす)アイソレーションをしがちです。なんかじっとしていられなくて...(苦笑)。暇があったらつい首のアイソレーションをしたり、ストレッチをしています」

蟹沢「なっちゃん(河口)にお薦めの映画を聞きがちです。なっちゃんは映画の知識の宝庫なんですよ!以前、サインを書く時に、裏側におまけでメッセージを書いていいですよっていう時があって、数十枚に、なっちゃんは1枚1枚に映画の紹介を長文で書いていました!その時の衝撃が忘れられないです。お薦めしてもらった作品もどれも面白いです!」

この記事の画像

放送情報

≠ME 先輩、も~っと教えてください!!#27
放送日時:2022年5月13日(金)23:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事