≒JOYが初出演の「六本木アイドルフェスティバル」で躍動 江角怜音「楽し過ぎて、あっという間に終わってしまいました」

≒JOY
≒JOY

≒JOYが7月30日に東京・六本木で行われた「六本木アイドルフェスティバル2022」の[DAY-2]に出演し、フレッシュなステージを展開。ファーストソングの「≒JOY」など全5曲を披露した。

同イベントは、テレビ朝日が主催する真夏の恒例アイドルイベントで今年は3年ぶりとなる3days、そして屋外の六本木ヒルズアリーナでの開催となった。7月30日の[DAY-2]には、JamsCollection、神宿、#ババババンビ、FRUITS ZIPPER、まねきケチャら、オープニングアクトを含め全15組が出演した。

今回、「六本木アイドルフェスティバル」初出演となった≒JOYの逢田珠里依、市原愛弓、江角怜音、村山結香にインタビューを行い、ライブの感想や今後の目標などについて語ってもらった。

――初出演の「六本木アイドルフェスティバル」のステージはいかがでしたか?

江角「始まるまではすごく緊張していたんですけど、やっていると楽し過ぎて、1曲目の『スタート!』で始まってから『あ、もう終わった!』って感じで、あっという間に終わってしまいました」

逢田「初の対バンイベントということで、≒JOYを観るために来てくださっている方がいるのかすごく不安だったんですけど、メンバーグッズのタオルを持ってくださっている方や、私のうちわとかタオルを持ってくださっている方を見つけられて、心から笑顔でパフォーマンすることができました!楽しかったです」

村山「グッズのタオルやうちわを見て、『≒JOYのために来てくださっているんだ』というのが目に見えて分かってすごくうれしかったです。緊張していたのですが、ファンの方の表情を見て安心して、リラックスしてパフォーマンスすることができました。また、一緒に踊ってくださっていたり、ノッてくださっていたりする様子を感じることができて、『イコノイジョイ2022』からの1カ月間の成長もお見せできたと思います。すごく楽しくて、今回が初の対バンイベントで良かったなと思いました」

市原「本当にあっという間で、最後に披露させていただいた『≒JOY』の時に『もう終わっちゃう!』って思って、『もっとやりたいな』って思いました。そんな中で、『ガラスを割れ!』の間奏の時に怜音が、気持ちが高ぶって『うわー』って言っていて、私も触発されてより気持ちが入りました」

逢田村山「言ってた!聞こえた!!」

江角「いや...、思わず出ちゃって...。会場の雰囲気に乗せられて、けっこう盛り上がってしまいました(笑)」

――夏真っ盛りですが、この夏に挑戦したいこと、やりたいことは?

逢田「『イコノイジョイ2022』の夜公演のアンコールの時に大きな花火が打ち上がったんですけど、初ステージだったこともあって気持ちが高揚していたのと、その時のお客さんの反応を見たくて、お客さんのことを見続けていて花火を全く見られなかったので、≒JOYみんなで大きな花火が見たいです」

市原「私は暑いのが苦手なので、クーラーがガンガン効いた部屋で冷たいアイスを食べたいタイプなんです。でも、開放的な雰囲気のある夏のライブは本当に好きで!だから、今日も本当に幸せでしたし、この夏はたくさんライブがしたいです」

この記事の画像

イベント情報

六本木アイドルフェスティバル2022
2022年7月29日(金)~31日(日)

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事