1人2役に挑んだヨ・ジング、時代劇で前例のないキスシーンに「僕も衝撃でした!」

イ・ビョンホン主演で大ヒットを記録した映画『王になった男』(2012年)をリメイクし、大型時代劇として生まれ変わったドラマ「王になった男(原題)」が、KNTVにて6月29日(土)から日本初放送される。スタイリッシュな映像や心をかきたてるような劇中音楽も迫力満点だが、特筆すべきは若手実力派ヨ・ジングの存在感に尽きる。

「太陽を抱く月」(2012年)や「テバク~運命の瞬間(とき)~」(2016年)などの熱演によって頭角を現してきたジングが今回挑戦したのは1人2役。心の病によって暗殺の危機に怯える王イ・ホンと、王から影武者になることを命じられた道化師ハソン、対極のキャラクターを絶妙に演じ分けたジングがその舞台裏を語ってくれた。

 

写真提供:KNTV

――「王になった男」の日本初放送がスタートしますが今のお気持ちは?

「たくさんのスタッフの方々、先輩俳優の方々と一緒に、寒い冬の間、汗水流しながら一生懸命作り上げた作品です。韓国でも想像以上に良いお言葉をいただき愛していただけた作品を日本の皆さんにも見ていただける機会ができ、とても光栄です」

――今回の作品で演じた役柄の紹介をお願いします。

「ハソンとイ・ホンという1人2役を演じました。見た目は瓜二つで、双子よりも似ている2人なんですが、生まれた環境も異なり、それぞれの人生もまったく違う人物です。ハソンは旅芸人ですがとても肯定的で、前へ前へと進んでいく意志が強いキャラクターです。両班や君主にも怖じ気ない、楽しく遊んでこそ芸人だという考えで気後れしない人物です。一方イ・ホンは、朝鮮時代の王の血を引き、君主となった人物ですが、周りの人たちを一様に疑う、僕もこれまでにお見せしたことのないような姿をたくさんお見せできる役柄です。堕落していく部分もあり、また気の毒でもあり、ある時は狂ったように恐ろしい人物にもなります。そんなパワーを持った2人のキャラクターを演じました」

――「王になった男」の見どころを教えてください。

「人物の設定自体がとても魅力的だと思います。もちろん1人2役という点も楽しんでいただけると思いますが、王に仕えるイ・ギュ(キム・サンギョン)や悪役のシン・チス(クォン・へヒョ)など、一人ひとりにもストーリーがあり、そんな人物が集まっているんです。お互いにどのように感情のぶつかり合いがあり、どんな事件を謀議して克服していくのか、ストーリーに着目していただけると面白いと思います」

「王になった男(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

「王になった男(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

――映画版がヒット作ということでプレッシャーも感じたと思いますが、どのように乗り越えましたか?

「映画版は公開されたときすぐに観ていて、僕自身大好きな作品だったので、その点が一番悩みました。監督と一日も早くお会いしたかったのですが、お会いした時、キム・ヒウォン監督が僕にこんなお話しをしてくださったんです。『このドラマは原作があるからリメイクという言葉がついているけれど、実際はリメイクではなく新たに作り上げていかなければ意味がない。ジングさんも原作にあったイ・ビョンホンさんの素敵な演技や、自分の中で面白かった要素やかっこいいと思った要素をすべて忘れて、1日も早く新たな人物を作り上げてほしい』と言ってくださったんです。その言葉を聞いて気持ちが楽になりました」

――では、ドラマ版ならではの魅力はどんなところでしょうか?

「今作は映画とは違うストーリーになっています。登場人物も多彩になり、ハソン/イ・ホンと王妃ソウンとの、甘い部分もあり、危うい部分もあるラブストーリーが追加されました。また、人物の性格も変わり、臣下と君主との間柄も変わりました。映画にはなかったシン・チスという人物を通して新たなストーリーが生まれ、より緊迫したストーリーができました」

――王妃とのロマンスはドラマ版ならではの魅力だと思いますが、記憶に残っているラブシーンはありますか?

「僕が台本を読みながら衝撃を受けたのは、書庫でソウンがハソンに告白をしてキスをするシーンでした。前例のない場面だったと思います。ソウンという役も素敵でしたが、そのような場面を書いた脚本家さんも素敵だと思いました。撮影をしながらも、『この場面が放送されたらたくさんの方がびっくりするのでは?』と思いました。時代劇というジャンルで王妃が先に気持ちを表現するということが、僕にも衝撃で、期待していた場面でした」

「王になった男(原題)」

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

――「王になった男」がジングさんに残したものは何でしょうか?

「自分自身に信頼が持てるようになった作品です。これまでは、スランプというか、自らが俳優として悩んでいた時期があったのですが、思いもよらない時期に『王になった男』のハソンを通じて、僕自身が自分を信じなければいけないなと思うようになりました。またそうすると、より難しく演じていかなければなりませんでした。そういう意味でも、ヨ・ジングにとって大きな代表作だと思っています」

――最後に放送を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。

「『王になった男』で、皆さんに久しぶりにご挨拶することになりました。僕がとても大切にしている作品であり、僕にとって大きな力になった作品でもあります。皆さんにも楽しんでいただける作品だと思います。僕が1人2役という大きな挑戦もしましたし、たくさんの方々の努力が詰まった作品なので、楽しんでご覧いただけると思います。たくさん愛してください!」

 

写真提供:KNTV

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

王になった男(原題)
放送日時:2019年6月29日(土)20:50~
※毎週(土)20:50~
チャンネル:KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!