「イカゲーム」にも劣らない衝撃性!ナムグン・ミンの「驚愕の肉体」が証明する壮絶アクション

「黒い太陽(原題)」
「黒い太陽(原題)」

日本をはじめ、世界中をまさに席巻している韓国発のサバイバルドラマ「イカゲーム」。デスゲームの様相を見せながらも、世界各国で驚異的な視聴数を記録。また、同じく残酷なアクション描写を伴う復讐劇「マイネーム:偽りと復讐」も、「イカゲーム」に追随するヒットを叩き出すなど、これまでにない"攻めた"韓国ドラマが立て続けに世界的な話題を集めている。

一方で、そうした作品に勝るとも劣らない衝撃度の残酷描写にも果敢に挑み、韓国で今秋放送された際には、史上最高レベルのアクションとまで称賛された作品が、演技派ナムグン・ミン主演のスパイドラマ「黒い太陽(原題)」だ。

ナムグン・ミンが作り上げた鋼の肉体に驚愕!「黒い太陽(原題)」
ナムグン・ミンが作り上げた鋼の肉体に驚愕!「黒い太陽(原題)」

(C)2021MBC

「黒い太陽(原題)」は、韓国で今年10月に最終回を迎えたばかりの最新ドラマ。総制作費約14億円を投じたMBC開局60周年記念作品でもあり、その桁違いのスケールで放送前から高い注目を集めていた作品だ。

蓋を開けてみれば、地上波ドラマとして制作されたとは思えないほど想像以上に攻めた壮絶アクションのオンパレード。今回KNTVで日本初放送される際には、韓国放送時には未収録だった追加映像も盛り込んだ"インターナショナル版"として第1~4話を放送する。

「黒い太陽(原題)」
「黒い太陽(原題)」

(C)2021MBC

とかく前評判の高かった本作において、最大の見どころとなったのが、なんと言っても主演を務めるナムグン・ミンの壮絶な演技とアクションだろう。

もともと、ナムグン・ミンの演技力の高さは多くの韓国ドラマファンの知るところだ。スキャンダルまみれの極悪御曹司を演じ"歴代最凶の悪役"とまで称された「リメンバー~記憶の彼方へ~」(2015年)や、爽やかなルックスと鍛えられたマッスルボディを備えた完璧イケメンぶりが話題になった「野獣の美女コンシム」(2015年)、TWICEの"TTダンス"までやってのけるハチャメチャ天才経理"キム課長"をコミカルに演じた「キム課長とソ理事~Bravo!Your Life~」(2017年)など、印象深いキャラクターばかり。

作品によって、役柄が憑依したかのようにイメージを一新する変貌ぶりは、"ゴッドグンミン(演技の神、ナムグン・ミン)"と称されるほど。プロ野球界のGMを演じた「ストーブリーグ」(2019年)など、近年も続々と代表作を更新し続けている。

ナムグン・ミン(見どころを解説する予習番組「黒い太陽:デイブレイク」より)
ナムグン・ミン(見どころを解説する予習番組「黒い太陽:デイブレイク」より)

(C)2021MBC

その彼が43歳にして10㎏以上もの肉体改造に取り組み、まさに全身で体現したのが、国家情報院の中でも失敗皆無というエリートエージェント、ハン・ジヒョク役だ。

任務にあまりに没頭するあまり、独裁的な命令を強行するようになり、周りの同僚たちの死傷事故が多発。次第に"死神"と囁かれ、善と悪、敵と味方という二分された世界の中だけで生きてきた、孤独なキャラクターでもある。

物語は、そんなジヒョクが任務遂行中に死亡するというまさかの展開から始まる。その1年後、密入国した船の中で、記憶を失い血だらけの状態で発見。様々な思惑や動揺が入り乱れる国家情報院に、記憶喪失のまま復帰を果たしたジヒョクは、内部に裏切者が存在していたことに気づき、捜査を始める――というストーリーが描かれる。

「黒い太陽(原題)」
「黒い太陽(原題)」

(C)2021MBC

「黒い太陽(原題)」
「黒い太陽(原題)」

(C)2021MBC

ジヒョクは、鋭い直感力と一度食らいついたら離さない粘着質な能力を併せ持つ、ストイック極まりない男性だが、そうした異質さをミンは全身で体現している。第1話でその生存が初めて確認されるシーンでは、髪もヒゲも伸び放題で、惜しげもなく晒される上半身は絵に描いたような逆三角形。かと思えば、その後は髪をスッキリとカットし、スーツをクールに着こなすエリートぶりを発揮。序盤はまずそのギャップで掴まれてしまうはずだ。

そして、特筆すべきは超がつくほどの本格アクション。ビルドアップした鋼の肉体から繰り出される重みのあるパンチはもちろん、ナイフを突き立て拳銃で至近距離から相手をぶち抜くシーンなど、長い手足から繰り出される動作一つ一つが美しくピタリと決まり、強烈なアクションを展開する。

「黒い太陽(原題)」
「黒い太陽(原題)」

(C)2021MBC

残虐な描写やテーマにもひるむことなく圧倒的なリアリティを追求し、他を圧倒する意欲作が次々と生まれている韓国ドラマの底知れなさ...。その一端を味わうことができるナムグン・ミンの"本気"のスパイアクションを、今作でじっくりと堪能してみてはいかがだろうか。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

黒い太陽(原題) 第1話先行無料放送
放送日時:2021年12月5日(日)22:00~
※レギュラー放送は2022年1月21日(金)より毎週(金)20:00~(2話連続放送)
黒い太陽:デイブレイク
放送日時:2022年1月3日(月)22:00~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!