かつては「涙の女王」と言われたパク・ミニョン、ラブシーンよりも「親密」なヨン・ウジンとの心が震える名場面

「七日の王妃」(KNCT)
「七日の王妃」(KNCT)

9月より韓国で放送がスタートした主演ドラマ「月水金火木土」で見せる完璧主義のヒロインが話題を集めているパク・ミニョン。パク・ソジュンと共演した「キム秘書はいったい、なぜ?」(2018年)などでのキュートな姿から"ラブコメの女王"と言われる彼女だが、デビュー初期には"涙の女王"として注目を浴びた時代があった。そんなミニョンの美しい涙が印象的なロマンス史劇と言えば、「七日の王妃」(2018年)だ。

10月31日(月)よりKNTVにて一挙放送される本作は、稀代の暴君"燕山君"として知られるイ・ユン(イ・ドンゴン)と、その義母弟で後の第11代王となる"晋城大君"ことイ・ヨク(ヨン・ウジン)という、対立する"2人の王"に愛されるヒロイン・チェギョン(パク・ミニョン)の悲しい運命を描くラブスト―リー。傷つき、涙を流しながらも真実の愛に誠実に生きようとするチェギョンの姿に、多くの視聴者が涙した韓国歴史ロマンスの名作だ。

パク・ミニョン&ヨン・ウジンとのケミが話題を集めた「七日の王妃」
パク・ミニョン&ヨン・ウジンとのケミが話題を集めた「七日の王妃」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2017 KBS. All rights reserved

パク・ミニョンの出世作と言えば、男装ヒロインを演じた時代劇「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010年)が有名だが、実はそれよりも前に、涙の演技で注目を集めてきた。BIGBANG(ビッグバン)によるバラードの名曲「HARU HARU」(2008年)のMVに出演しており、大きな瞳を潤ませたミニョンの涙が大きくフォーカスされている。K-POPファンの間でも"とにかく泣ける"と評判の高い楽曲の魅力とも相まって、「あの女優は誰?」と当時大きな反響を呼んだのだ。

その後も、「ヒーラー ~最高の恋人~」(2014年)や「リメンバー〜記憶の彼方へ〜」(2015年)といったロマンス作品で見せる、美しい涙が物語を盛り上げてきたミニョン。そんな彼女がヒロインを演じた「七日の王妃」は、僅か7日間で廃位された悲運の王妃・端敬王后(タンギョンワンフ)の史実がモチーフとなっているだけあって、悲しく、切ない展開が続く。

放送情報

七日の王妃
放送日時:2022年10月31日(月)15:30~
※毎週(月)~(金)15:30~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事