堀内賢雄浪川大輔ら人気声優が先生となって「吹き替え」を熱血指導!

写真左から、浪川大輔、高木渉、堀内賢雄、ちふゆ、三上哲、寺島惇太
写真左から、浪川大輔、高木渉、堀内賢雄、ちふゆ、三上哲、寺島惇太

堀内賢雄、高木渉、三上哲、浪川大輔、寺島惇太ら人気声優が出演するイベント「吹替王国アカデミー in 大阪」が、8月26日に大阪アニメーションスクール専門学校で開催された。「吹替王国アカデミー in 大阪」は、声優陣が先生となって授業形式で吹き替えについて学べるプレミアイベント。MCの寺島とアシスタントの引坂理絵に呼び込まれた堀内は「今日は先生なので、ふざけたことは一切言いません」と宣言した次の瞬間に、「私も若い頃は引坂さんに似た声でした」とボケを繰り出すなど、冒頭から大御所声優たちのトークで盛り上がり、イベントはスタート。

1時間目「歴史の時間」は、吹き替えの歴史とともに、堀内と浪川の歴史を年表を用いて振り返る授業。堀内が子供の頃に好きだった吹替映画や学生時代の話、浪川の子役時代の苦労話などが披露された。ドラマ「フルハウス」でミュージシャンのジェシーを演じた堀内は「歌のシーンがとても大変だった。難しい歌の時には先生がついて、うまく歌えるように必死で勉強したおかげで、今は何も怖くないです」と話すと、同ドラマで共演した高木が「声優みんなでお金を積み立てて、一緒にサンフランシスコのフルハウスの聖地巡りをしたよね」と、当時の現場の仲の良い雰囲気が伝わるエピソードも紹介した。

2時間目「アテレコの時間」では、先生たちが吹き替えたサメ映画『シャークネード ラスト・チェーンソー』の一部シーンを生アテレコ。堀内演じるフィンの妻エイプリル役・ちふゆも加わり、まずは本来の役柄で演じた後、役をシャッフル。「俺のフィンは誰にも取られたくない」とボヤく堀内が、抽選の結果まさかのフィン役を自らゲット。堀内とフィンが相思相愛であることが証明されるも抽選をやり直し、フィンを三上、エイプリルを浪川、高木演じるブライアンをちふゆが演じることになった。

浪川の色気たっぷりなエイプリルに会場がざわつくハプニングもありつつ、会場のお客さんの中から希望者に先生と一緒にアテレコができるスペシャルな企画に突入。そんな中、幸運にも選ばれたのは9歳の男の子。フィン役をやりたいという彼に、同じ9歳でデビューした浪川が優しく指導する感動的な場面も。浪川の熱心な演技指導も手伝って、堂々とした演技で会場を驚かせた。

3時間目「クイズの時間」は、それぞれが自分に関するクイズを出題して点数を競う授業。声優の仕事に関するクイズの他に、高木出題の「私が1番好きなアイスは?」など、もはや吹き替えが全く関係なくなってしまったクイズから、バンドのボーカルを務めていた三上の生歌披露まで、バラエティに富んだ内容になった。4時間目は、これまでの授業の成果が試される「テストの時間」。お客さんも参加して、5人に『シャークネード ラスト・チェーンソー』のサイン入り台本がプレゼントされた。

5時間目は、お客さんも交えて『シャークネード ラスト・チェーンソー』の番宣CMを収録する「実技の時間」。竜巻に乗って空から降ってくるサメに逃げ惑う市民のガヤなどを、お客さんが先生や若手声優の出演者たちと演じ、素晴らしい番宣CMを完成させた。そして、本イベント開催地の大阪にちなみ、関西弁バージョンも収録。最後はみんなで記念撮影をして、大盛況のうちにイベントは終了した。

この記事の画像

放送情報

特番:吹替王国アカデミー in 大阪

放送日時:2018年9月23日(日)20:00~

チャンネル:ムービープラス

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事