松岡禎丞戸松遥茅野愛衣島崎信長が「SAO」ファンを前に熱弁!赤面?

写真左から、戸松遥、松岡禎丞、茅野愛衣、島崎信長
写真左から、戸松遥、松岡禎丞、茅野愛衣、島崎信長

人気アニメシリーズの最新作「ソードアート・オンライン アリシゼーション」が10月より放送中。それに合わせて、10月7日に東京・秋葉原で開催された「電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭」でステージイベントが行われ、キリト役の松岡禎丞、アスナ役の戸松遥、アリス役の茅野愛衣、ユージオ役の島崎信長(※「崎」は正しくは「立さき」)、司会としてシリカ役の日高里菜、原作小説の編集者・三木一馬が登壇した。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

大勢のファンが埋め尽くす会場で温かく迎えられた4人は、松岡の「アリシゼーション!」というあいさつからスタート。"SAO"のイベントに初参加という島崎に対して、松岡が「信長が来るだけでこのステージはすごいことになります。来た話は全部、信長に受け流します」と語ると、島崎が「僕がすさまじいことになってる」と返し、会場を笑わせた。早速、日高が、幼いキリト、ユージオ、アリスも松岡、島崎、茅野が演じていることについて触れると、松岡と島崎が自分たちでいいのか戸惑いがあったことを明かし、島崎はアフレコの休憩時間に「(別のキャストに)変えられないよね」と松岡と一緒に心配していたことを吐露。ただ、茅野がお姉さんらしさを出したアリスを演じてくれたおかげで、楽しくできたと振り返った。

アスナのいちゃいちゃぶりについても日高から話題が出ると、戸松はアスナがキリトの心拍数まで把握するようになったシーンについて、「あんなに周りが引くとは思わなかった」と笑いを誘った。また、日高自身はシリカの出番がないのではないかと心配する声が多く寄せられたことを明かし、第1話から出番があったことをファンに感謝しつつ喜んだ。

続いて「僕たち4人は同じ時で話した!タイムキープトーク!」と題して、キャスト4人が30秒ピッタリを目指して、与えられたテーマでトークをするコーナーを実施。話し終わったところで「that's all」と言うまでの時間を計る。トップバッターに指名された島崎のお題は「アニメの注目ポイント」。イベント初参加にも関わらず、スラスラと注目ポイントを語ると、松岡を巻き込んでオープニングでキリトとユージオがしている決めポーズで締めた。

続く茅野のお題は「アフレコ現場でのエピソード」。演技に試行錯誤する松岡を島崎が慰めるやり取りを茅野が紹介するも、松岡と島崎が実際に再現する流れになり、会場を笑いに包んだ。3番手の戸松は「SAOシリーズの魅力といえば」というお題に「ふざけられない、ちゃんと話しますよ」と宣言。身振り手振りを交えた過剰な動きと大声で熱弁をして会場を沸かせると、そのまま最後までファンを引き付けるも、日高から「ちょっと動きと顔がうるさかったですね」と突っ込まれた。最後の松岡は「MCの2人を褒めて!」というお題に困惑気味の様子を見せるも、高めのテンションで服装や髪型、トークのうまさを褒めたたえるなど、MCをベタ褒め。しかし、日高から内容の薄さを指摘される展開に、会場から笑いがあふれた。

4人のトークが終わり、結果が告げられると1位の茅野と2位の島崎が、喜びのあまりハイタッチを交わした。一方、3位の松岡と4位の戸松は、互いを全力で褒め合うという罰ゲームに赤面しながらも、しっかりとそれぞれ30秒間やり抜いた。

その後、作品を盛り上げる企画として「宣伝隊長アスナ」がお披露目された。これはツールを使った音声合成技術で、戸松演じるアスナの声を再現。声や動きをコンピュータープログラムによって自動的に生成できるという。キャスト4人に、宣伝隊長アスナに話してほしいことを募ると、アスナの声で戸松が「つぐつぐ(松岡)、たまには私のことも見てほしいな」と優しく語りかけるも、松岡から「リズ(リズベット)派ですから」とバッサリと切られる恒例の展開に。結局、キャスト陣からは茅野が考えたSAOとコラボしている外食チェーン店・なか卯の親子丼にまつわるセリフが採用され、後日「宣伝隊長アスナ」に話してもらえることが決定した。

最後に、松岡から今日「10月7日」がキリトの誕生日であることが話されると、会場から「おめでとう!」と拍手が贈られ、温かい雰囲気の中でイベントは幕を閉じた。

文=永田正雄

この記事の画像

放送情報

ソードアート・オンライン アリシゼーション

放送日時:2018年10月22日(月)22:30~

※毎週(月)22:30~

チャンネル:アニメシアターX(AT-X)

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事