柿原徹也の爽やかなナレーションとともに大自然で躍動する生命の息吹を感じる!

「天元突破グレンラガン」「FAIRY TAIL」など人気アニメで、仲間のために死力を尽くす主人公の生きざまを圧倒的な熱量で表現し、多くのファンの心を揺さぶってきた声優・柿原徹也。ドイツで生まれ育ち、現在も日本語、英語、ドイツ語のトリリンガル声優として活躍中の彼が、最初に注目を集めたのは、その語学力を最大限に生かして演じたアニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズに登場する"アームドデバイス"と呼ばれるドイツ語で応答する魔法アイテムだ。その後、熱血ヒーローをはじめ、我が道をゆくナルシスト、明るいムードメーカー、繊細で引っ込み思案なアイドル、気高い御曹司など、多彩なキャラクターをその艶のある軽やかなハイバリトンボイスで見事に演じ分ける実力派として、アニメファンから高い支持を得ている。

(C)Doclights GmbH NDR Naturfilm

2010年からはアーティスト活動を開始し、声優の枠を飛び越えた幅広いシーンで活躍中の柿原。中でもバラエティ番組では、明るく親しみやすいキャラクターを最大限に発揮。「柿原徹也の◯◯」では、お酒を飲みながらのお絵かきチャレンジや、友人たちを呼び出しての鍋パーティーなどを通して、その素顔を惜しげもなく披露している。そんな柿原が、3月24日(日)よりナショジオ ワイルドで全3回にわたって放送される、ネイチャードキュメンタリー「世界大自然紀行:南アフリカ」でナレーションを担当。

地球上で厳しい暑さと寒さ、砂漠や熱帯など、アフリカと南極の過酷な自然環境を見ることができる地域として知られる南アフリカ。独特な地形と極端な気候により、多種多様な野生動物の生息を可能とした広大な大地の中から、西海岸ではケープシロカツオドリを狩るオットセイ、南では巨大なクロコダイル、内陸ではライオン、リカオン、ゾウなど、それぞれの地域に暮らす野生動物の姿を追う。

(C)Doclights GmbH NDR Naturfilm

第1話「海流の衝突する岬」では、寒流のベンゲラ海流と暖流のアガラス海流がぶつかるケープ半島の岬の周辺の豊かな自然と、そこに生きるオットセイやペンギンなどの動物たちを紹介。広大なアフリカの大地を捉えた映像では、そこに吹く風のような爽やかさと、ほんの少しの厳しさを秘めた声で、厳しい環境に暮らす生命の輝きに寄り添っていく柿原。「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で演じたガルマ・ザビを思い起こさせる、どこか気高さをにじませた凛々しいトーンでナレーションを当てていき、動物たちの生態に迫る際には、その声にほんの少し優しい色を加える。そんな心地良い柿原のナレーションとともに、南アフリカの動物たちの生態に驚き、大自然の美しさに癒やされてほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

世界大自然紀行:南アフリカ
放送日時:2019年3月24日(日)18:00~
※毎週(日)18:00~
チャンネル:ナショジオ ワイルド
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事