思いやりと男気あふれる下野紘の新曲「sympathy」はファンへの想いが満載!

3月20日に最新のコンセプトシングル「sympathy」をリリースした声優・下野紘。これまでのロックテイストとは一線を画し、曲調やPVやジャケット写真で着ている衣装はもちろん、モノローグ(朗読)が収録されるなど、下野の新たな表情を垣間見ることができる一曲だ。そんな下野が3月23日に東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2019のポニーキャニオンブースでトークショーを行い、本作への想いなどを語った。

登場した下野は椅子に座るよう促されるも「座らなくてもいいですか?」と、ブースに集まった大勢のファンを思いやり、後方からも顏が見えるように立ったままでトークに臨んだ。新曲の映像が流れると、照れ笑いを浮かべて「CMが流れるたびに恥ずかしい気持ちになる」と告白。その理由を、これまでのロックテイストと打って変わって、優しく温かいイメージにガラリと変わった姿に自分自身慣れないからと語った。

「sympathy」きゃにめ盤Aのジャケット

今回の作品についてはそもそも、これまでと作る経緯が違ったと語り、「今まではテーマに合わせて楽曲を作る形だったんですけど、今回はライブイベントを中心に、いろいろなことができたらいいなと考えていました。以前、ライブで朗読をやらせていただいたことをきっかけに朗読が好きになったので、CDでもやりたいと思っていたんです。それで、今までのコンセプトや方向性とは違う形にしようと思いました」と、CD制作からのスタートではなかったことを明かした。

ジャケット写真の衣装を、アーティスト・下野紘ではおなじみの革ジャンから変えている点についても「コンセプトが違うし、ジャケットも今までとガラッと変えようと思っていたので。ふわっとした感じの日常的な雰囲気の服装と、スタッフから勧められた和服の2つを出すことになりました」と、いろいろ欲張った結果だと答えた。さらに、和服の撮影は寒い時期で大変だったことや、「sympathy」については「共感や思いやりに結び付けられたらいいなと思って付けました」とタイトルに込めた想いも明かした。また、詩についても「自分の気持ちも乗せていこうと思って、ストレートな言葉を入れています」と語った。

「sympathy」きゃにめ盤Bのジャケット

続いて、引いたカードの質問に答え、ジョーカーを引いたら罰ゲームを全員で行う「ジョーカートーク」のコーナーへ。「これからの野望は?」には「舞浜のリゾートにいるネズミの声ができたらいいな」、そして「ポニーキャニオンに物申したいことは?」には唐揚げでいじられることを挙げ、「下野さんは唐揚げを用意しておけば大丈夫ですよ?みたいな顔するのをやめてください」と冗談交じりに答えた。さらに、せっかくだからと自ら引いた罰ゲームのお題「自分の好きなところを3つ言え」に「胸、八重歯、声」と答えてファンを沸かせた。

そして、ポニーキャニオンブースで行われる14ステージ連動、引いたトランプのカードの合計を69(AnimeJapan 2019のテーマ「ROCK」にかけた数字)により近づける焼き肉5万円券争奪企画に挑戦。ドンドン引いていき、66となったところで暫定1位に。しかし、「ここで終わるんですか?」とMCからの一言に、「2人の下野さんがず~っと言ってるもんね。『大丈夫、堅実に焼き肉食べに行こう!』『男気ねえな、イベント盛り上げるんだったら、もう1回くらい引いてきれいに69そろえろよ!』」と、おどけてみせた。悩んだ末にもう1枚引くと8が出てしまい、69をオーバーしたため失格。しかし、イベントを盛り上げた男気に、ファンからは大きな拍手が送られた。

最後に「ファンのみんなへの気持ちだったり、いろいろな思いやりをいっぱい込めた曲となっています。ライブイベントにも来てください」とコメントしてステージを後にした。

文=永田正雄

AnimeJapan 2019のステージイベントレポートはこちら↓↓

この記事の画像

リリース情報

下野紘 きゃにめ限定盤シングル「sympathy」
2019年3月20日(水)発売
・きゃにめ盤A(CD+DVD)
・きゃにめ盤B(CD+ブックレット)
※両形態に5月18日(土)開催イベント優先販売申込券が封入

<イベント情報>
下野紘 リーディング&ミニライブ2019"sympathy"
日時:2019年5月18日(土)2回公演(1回目 開場14:30/開演15:00、2回目 開場17:30/開演18:00)
会場:東京・ニューピアホール

下野紘の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事