「1人じゃない!」東山奈央のライブは会場全体が温かく元気いっぱい!

「きんいろモザイク」の九条カレン、「ニセコイ」の桐崎千棘、「ゆるキャン△」の志摩リンなど、人気アニメのキャラクターを数多く演じる声優・東山奈央。可憐さと凛々しさを兼ね備えた、ハリのあるメゾソプラノという声質の彼女は、幅広い音域と卓越した演技力の持ち主としても知られている。その実力は、アニメ化もされたゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」で多くの役を見事に演じ分け、ファンを感嘆させたことでも証明されている。

また、出演アニメのキャラクターソングも数多く歌い、その歌唱力には定評のある東山。中でも、「神のみぞ知るセカイ」の中川かのん、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の川島瑞樹、「マクロスΔ」のレイナ・プラウラーなど歌って踊れるアイドル役で、華やかさの中にも芯の強さを感じさせる歌声を披露してきた。

そんな彼女は、2017年にアーティスト活動を開始。ソロデビューから約1年後の2018年2月には初のワンマンライブを東京・日本武道館で開催するなど、歌手としても快進撃を続けている。今年、自身初となるライブツアー「東山奈央 1st TOUR "LIVE Infinity"」を8~9月にかけて開催。

そして今回、大阪・名古屋・横浜の国内に加え、台北・上海とアジアにも進出した記念すべきツアーから、9月8日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで行われた横浜公演の模様が、11月7日(木)にMUSIC ON! TV(エムオン!)で放送される。

この日のライブは、4月に発売された2ndアルバムの冒頭を飾った、東山自身が作詞・作曲したアップテンポなナンバー「群青インフィニティ」からスタート。2ndアルバムのジャケットと同様の、スカイブルーを基調としたワンピースに身を包んだ東山を迎えるのは、会場を埋め尽くしたファンの歓声とブルーのペンライト。その熱気に応えるように、東山も大きく手を広げながら澄み切った歌声を届けていく。

声優ならではのキュートなセリフも盛り込んだ「青空ダイアリー」や、曲の途中で出された指令に挑戦するコーナーが繰り広げられる「さよならモラトリアム」。さらに「Mode Style」から始まった、ダンサーチームと共にステージ背面のスクリーンを効果的に使った楽しいパフォーマンスを披露したダンスコーナーなど、さまざまな演出でファンを魅了していく。

その小柄な体からは想像できないほどのパワーを解き放ち、声優で裏打ちされた表現力と、圧巻のステージングで会場を1つにしていく彼女のアーティストとしての魅力を、ライブ映像からたっぷりと感じてほしい。

そして今回、横浜公演の放送を前に東山にインタビューを敢行。ライブの感想やこだわった点を聞いた。

この記事の画像

放送情報

M-ON! LIVE 東山奈央 「東山奈央 1st TOUR “LIVE Infinity”」
放送日時:2019年11月7日(木)23:30~ほか
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

東山奈央のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!