楠木ともりも泣きそうに、アサシンズプライドEDに込めたメリダの母への思い

"マナ"という能力を持つ貴族のための養成校に通いながら、マナを持たない特異な少女・メリダ=アンジェルと、その才能を見出すため家庭教師として派遣され、無才ならば暗殺する任務を負った主人公・クーファ=ヴァンピール。2人が裏の任務や、それぞれの運命と対峙していくTVアニメ「アサシンズプライド」がAT-Xほかで放送中。

ヒロインのメリダを演じるのは「メルヘン・メドヘン」「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」で主役を務めるなど、今注目の若手声優・楠木ともり。さらに、自ら作詞・作曲、そしてギターやピアノ、トランペットも演奏でき、アーティストとしても活躍中の彼女が、11月27日(水)にリリースされる本作のEDテーマ「異人たちの時間」もメリダ=アンジェルとして担当。今回は、インタビューを通して彼女のアーティストとしての側面に迫る。

――「異人たちの時間」の第一印象をお聞かせください。

「原作を全部読み終わっている状況で、最初に歌詞に目を通させていただきました。その時の印象は、歌詞を読んでいるというよりは、メリダの母に対する手紙を読んでいるような感覚で、手紙にメロディーを付けた感じがしました。お母さんとメリダの関係が、この1曲で伝わってくると思います。曲を聴いた時は、バラードかなと思いましたが、想像以上にしっとりしていて。ピアノの前奏があるんですけど、TVサイズだと歌から入るので、空気感を大事にして歌いたいなと思いました」

――作中のメリダは気高くて凛々しい、自分の弱さを見せない少女ですが、曲中のメリダは、1人の時の彼女を描いていますよね。

「そうなんです。貴族としてのメリダというよりは、私たちと何も変わらない1人の女の子としてのメリダの表情が曲には詰まっていて、すごく胸を打たれると思います」

イラスト/ニノモトニノ

――キャラクターソングを歌う時に意識していることや、"アーティスト・楠木ともり"として歌う楽曲とは違う部分についてお聞かせください。

「自分の歌を歌う時は、作詞・作曲させていただいている楽曲なので、自分の気持ちを最優先して、伝えたいことを歌っています。キャラクターソングは"私"という概念は全くなくて、『本当にそのキャラクターが歌っていたら』ということを意識しています。今回のレコーディングもずっとメリダとして歌っていましたし、作曲・編曲を担当されたMONACAの高橋邦幸さんから『歌うというより、語りかけるような感じで』という言葉をいただいたので、歌詞を読み込んで『ここはこういう気持ちで、こういう表情で歌うんじゃないか』まで考えて歌いました。自分の曲の時も歌詞は大事にしていますが、それ以上に歌詞から読み取れる表情や、気持ちを優先しました」

この記事の画像

放送情報

アサシンズプライド
放送日時:2019年11月21日(木)23:30~ ※放送中
※毎週(木)23:30~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

<リリース情報>
「アサシンズプライド」EDテーマ
異人たちの時間 / メリダ=アンジェル(CV.楠木ともり)
発売日:2019年11月27日(水)

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!