高橋李依は「かのかり」瑠夏に近いけど、墨の「脳内の会話が多いところは共感」

人生初の彼女と一度だけキスをしたが、たった1ヶ月でフラれてしまった20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也は、傷心のあまり"ある方法"を使って、女の子とデートをすることに。とびきりの美少女との出会いをきっかけに、1人の大学生の青春が輝きだす様子を描いたラブコメディー、TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)が7月よりAT-Xほかで放送中。今回はヒロインの1人、笑顔がかわいい健気で頑張り屋な彼女・桜沢墨を演じる高橋李依にインタビューを行い、キャラクターの魅力などを聞いた。

――墨は物語後半から登場するキャラクターですね。

「はい。なので登場話数はキュッとしているのですが、原作にあったあんなセリフやこんなセリフが、短い中にも見事に盛り込まれているなって。墨ちゃんはいつ出てくるのか......と待ってくださっている方も多いと思いますが、きっと一気に彼女のことを知っていただける演出になっていると思います」

――墨を演じてみていかがでしたか?

「今回、アフレコの時点で既に絵が付いていたので助かりました。そうでない場合は、絵コンテや台本からあれこれイメージを膨らませる作業もあるのですが、墨ちゃんの細やかな表情や居場所を既に理解して、より細部に集中させてもらえたのがありがたかったです。例えば......恥ずかしがってうつむくシーンに、コミカルな汗が結構出ていたので、台本には書かれていないけど、声としてもコミカルな音を入れてみたり。その他のシーンも、スタッフさんとのイメージの共有は早かったです」

――今作には千鶴、麻美、瑠夏、墨という4人のヒロインが登場しますが、自分と一番近いキャラクターは誰ですか?

「アピールの仕方で言うなら瑠夏ちゃん。自分の趣味とかもそうなんですけど、私は"好き"を隠さずにどんどん行きたい。じっとしていられないって気持ちは、すごく分かります」

――演じられている墨とは違いますか?

「うーん、そうですね。ただ墨ちゃんって、おしゃべりではないけどきっと心の中ではいろいろ考えていて。そういう意味では、脳内の会話が多いところに共感します。」

――墨はモノローグのセリフが重要になってきますよね。

「本編ではモノローグとしての発言が多いわけではないのですが、この一言を発するのに彼女の中ではきっと何十個のモノローグがあったんだろうなって。緊張しいで、うまく言葉に出せないだけで、これが言いたい、あれが言いたいっていうのはある子だと思うんです。いっぱい思ったことがあって、その上で発した一言なんだろうな......というイメージは常に持って演じていました」

――とても繊細に役作りをされたのでしょうか?

「墨ちゃんを知れば知るほど、尊敬する部分も多くて。普通、自分を変えたいと思っても、自分の一番の逆境に飛び込んでいくってなかなかできないですよね。でも、彼女は"レンタル彼女"という大海原に飛び込んだのがすごい。いつか私も大海原に飛び込むことがあったら、墨ちゃんの姿を思い出して勇気にしたいなって」

――お仕事を続ける中で、大きな挑戦や壁を前にした時ですね。

「はい。きっと背中を押してくれると思います」

――今作の登場人物たちは、みんな自分の思いに向かって動く行動力や実行力がありますよね。

「そうなんです。主人公の和也くんをはじめ、やらずに後悔するよりやって後悔を選ぶ人たちばかりだから、見ていてすごく気持ちがいいなって思います!」

文=川倉由起子 撮影=大石隼土

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします
放送日時:2020年8月30日(日)23:00~
※毎週(日)23:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります


<雑誌情報>
My Girl vol.30 (発売中)
TVアニメ「彼女、お借りします」を50ページのボリュームで大特集!
雨宮天と伊藤美来がカバーに登場!

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!