高橋李依が引っ込み思案から変化した桜沢墨に演技で応える!「墨ちゃんの気合をしっかりと受け止めました」

高橋李依
高橋李依

TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)の第2期が7月よりAT-Xほかで放送される。
同作品は、ダメダメ大学生・木ノ下和也と、「レンタル彼女」として出会った水原千鶴、小悪魔的な元カノ・七海麻美、超積極的な彼女(仮)・更科瑠夏、頑張り屋の千鶴の後輩のレンカノ・桜沢墨といった4人のヒロインが織り成すラブコメディ。

今回は、桜沢墨を演じる高橋李依にインタビューを行い、役の魅力や共感する部分、演じる上で意識したことなどを語ってもらった。

――第2期が決定した時の心境は?

「第1期では終盤に出演させていただいたのですが、早めにキャスト発表されていたこともあり『すごく楽しみにしています!』『初登場まだですか?』といったものすごい反響があって、多くの方の期待を背負いながら、私も出番がオンエアされるのをドキドキと待っていました。オンエアが終わって『かのかり、面白かった!』と言ってもらえたのが、後半を盛り上げる役どころとして本当に安心したんです。そして、2期が決まったと聞いた時には、かのかりチームの一員としてただただ純粋に嬉しかったです」

――台本を読んだ時の感想は?

「第1期の頃よりも墨ちゃんがかなり行動的になっていて、『うまくできない』といった反省みたいなものではなく、『これをしてみたい!』とか『次はこうしたい!』というやる気に満ちあふれた墨ちゃんがいっぱい見られました。私も意気込んで、墨ちゃんの気合をしっかりと受け止めました!」

――墨ちゃんの魅力は?

「私がすごいなって思うのが、自分が人見知りだって分かっている中で『自分を変えたい!』と、レンタル彼女という職業に飛び込んでいるところ。本当だったら落ち込んでもいいところだし、レンタル彼女をやりながらでも落ち込むこともあるはずなのに、それでも続けて変わろうと進んでいる、"実はエネルギーたっぷり"な姿が魅力だなって思います」

――墨ちゃんとの共通点は?

「墨ちゃんってモノローグが多いというか、頭の中で考えていることがたくさんある子なんですよね。『彼女、人見知ります』のスピンオフなどを読んでいると、そんなモノローグの時に、『分かる、分かる!ここ、いっぱい考えちゃうよね』ってポイントポイントで共感していました」

――演じる上でのこだわりは?

「台本を見ると、せりふの部分が『...。』とか『!』と書かれているのですが、それをそのまま音にしすぎないようにしていました。例えば、『!』の中でも『あっ』って言った方がいい時もあれば、『うっ』って言った方がいい時もあったり。『せりふには載っていないけど、これだったらちょっと声が出ている方がいいかも』と感じたり。ト書きや映像、総合的なバランスを考えて、リアクションを判断していくという作業をしていました。

あと第1期では、和也くんと初対面ということもあり、墨ちゃんがすごく緊張していて『一声出すだけでも結構筋肉が固まっているかな』という印象があったんです。第2期では減ったのですが、声を発する時にはちょっと力んでいるような、体が固まった状態で発音できたらいいなと努めていました」

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします #13
放送日時:2022年7月7日(木)21:30~
チャンネル:AT-X
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事